武蔵野美術大学
~大学最大級の祭典~

武蔵野美術大学(東京都小平市、学長:長澤忠徳)は2022年10月28日(金)~30日(日)に芸術祭(学園祭)を開催します。毎年テーマに沿ってその世界観を作り上げる芸術祭は、美術大学の中でも国内最大級と言えます。美大生によるアート作品の展示、個性的なパフォーマンスや手作りの本格雑貨販売など、全ての企画・運営を学生が主体的に行っています。是非、美大生のイベント力を体感してみてください。今年度は新型コロナウイルスの感染症対策のため完全予約制となっております。お越しになれない方もお楽しみいただけるように一部イベントはYouTube にてオンライン配信いたします。https://geisai.jp/ をご確認ください。



テーマは「ええじゃないか」、タイトルは「まうじゃないか」



今年のタイトルは、「まうじゃないか」です。「まう」は、Musashino Art Universityの略称 MAUから付けられています。江戸の活気を受けて、コロナの収束を芸術を通して願うというコンセプトのもと、このテーマに決定いたしました。「まうじゃないか」にてコロナ収束を共に願い、新しい芸術祭を楽しんでいただければ幸いです。


イベント詳細


2022年度芸術祭公式ポスター

イベント名:武蔵野美術大学芸術祭2022「まうじゃないか」
日時:2022年10月28日(金)~30 日(日)10:00~17:30(最終日18:00)
会場: 東京都小平市小川町1-736 武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス
入場料: 無料
予約開始日:2022年10月10日(月)10:00~(先着順)
予約方法: 芸術祭公式サイトをご確認ください
https://geisai.jp/

注意事項

・ご来場にはご予約が必要です。
・来場の際には必ずマスクを着用してください。
・発熱や咳など体調に異変がある場合は、ご参加をお控えください。
・新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては、開催内容は変更となる可能性もございます。
・来校時は公共交通機関をご利用ください。送迎等による近隣道路への駐停車は、交通の妨げになり、近隣住民の迷惑になります。お車でのご来校はお控えいただきますよう、ご協力をお願いいたします。
・飲食物を扱う模擬店の出店はございません。学食・パンショップは営業予定ですが、混雑が予想されますのでご注意ください。

注目コンテンツ紹介



DJ盆踊り~フィナーレショー前座~
場所:体育館
日時:10月28. 29日 16時~16時30分「武蔵美生DJ」
10月30日16時30分~17時「ゲストDJ珍盤亭娯楽師匠×武蔵美盆踊りパフォーマー」
DJ、照明、などのコラボで、フィナーレショー(その日の最後に行われるイベント)の前に会場全体を盛り上げます!最終日30日にはスペシャルゲストの珍盤亭娯楽師匠をお呼びして、盆踊りパフォーマーが共に盛り上げます!みんな踊ってまうじゃないか!



似顔絵
場所:9号館1階 ゼロスペース
日時:10月28. 29. 30日 10時~17時
参加費用:300円
美大生に自分の似顔絵を描いてもらいませんか?
個性豊かな作家たちが芸術祭の思い出の一枚を制作します。



ワークショップ
1.『写真映え!灯籠作り』
2.『染め物風アイテム工房』
3.『江戸っぽ アクセサリー作り』
場所:9号館1階 ゼロスペース
日時:10月28. 29. 30日 10時~17時
参加費用:各300円
ちりめん細工のアクセサリー、灯籠、染め物風アイテムを作れます。
学内の展示で湧いた制作欲を発散するチャンス


謎解きラリー 鼠小僧を追え!
場所:構内5ヶ所
日時:10月28. 29. 30日 10時~17時
参加費用:無料
*景品配布場所:縁日の屋台(8号館下通路)
 景品配布時間:全日10時~17時
QRコードを読み込んで、学内にある謎を解こう!江戸時代に流行した判じ絵の謎が全部で5個あるよ。全部クリアできた人には素敵な景品をプレゼント!!君には解けるかな?


縁日
場所:8号館下通路
日時:10月28. 29. 30日 10時~17時
参加費用:各100円
祭りといえば…縁日!!トントン相撲、射的、おみくじなど子供から大人まで楽しめるバラエティ豊かな屋台が目白押し!景品に武蔵美をもっと知れちゃうまうぶろまいどがもらえるよ。


腕豪大武闘会
場所:体育館
日程:10月29日 17時10分~17時30分
~因縁をはらすための腕相撲バトル!!~
『筆を捨て、腕にかける。この腕は、 描くためだけにあるんじゃない。因縁の江戸試合ここにあり。』


芸術祭実行委員会執行部 徳冨委員長より

この度は本学の芸術祭にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。今年は3年ぶりとなる実地での芸術祭の開催となります。昨年はオンラインでの開催となりましたが、このコロナ禍の中でできる最大限をと部員一同で考え抜き、大学の職員の方々とも議論を重ね、何とか「実地での芸術祭」という必死に目指してきた一つの目標に辿り着けそうなことを、心から嬉しく思います。
今年度の芸術祭のテーマは、「まうじゃないか」。疫病の退散や世治りを願って、実地の芸術祭を経験したことのない学生たちが良いものを作り上げようと一致団結した、ムサビの歴史に残る素晴らしい芸術祭です。皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

2019年度の芸術祭の様子

本学の芸術祭の一番の特徴は、テーマに合わせた装飾と世界観です。毎年美大生が本気で取り組んで作りこむ
構内の装飾はクオリティも高く、他では見られません。
テーマに沿ったオブジェクト
イベントの様子


公式グッズ

今年度は過去最多となる全6種類の芸術祭公式グッズが登場。「まうじゃないか」の記念に、ぜひお手にとってご覧ください。minne byGMOペパボにてオンライン販売もいたします。
https://minne.com/@maugeisai




取材に関するご案内

武蔵野美術大学芸術祭の期間中の取材につきましては、下記フォームよりご依頼、お問い合わせください。
【取材に関するお問い合わせ・ご依頼】
武蔵野美術大学広報チーム:https://www.musabi.ac.jp/outline/pr/form/
【芸術祭に関するお問い合わせ先】
芸術祭実行委員会執行部広報部 メールアドレス:maugeisai.kouhoubu@gmail.com

情報発信中!

芸術祭の情報をウェブサイトとSNS にて発信中です!
芸術祭公式web サイト:https://geisai.jp/
公式ツイッター:https://twitter.com/MAUgeisai
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/maugeisai/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ