クリエイト・アイエムエス株式会社
10月6日(木)-10月9日(日)「日本ヨーロッパ3カ国合同交流展」開催決定

フランスとドイツの現代アーティストと、日本の芸術家・文芸作家の作品が一堂に集結する展覧会「日本ヨーロッパ3カ国合同交流展」が、10月6日(木)から池袋の東京芸術劇場で開催されます。


東京芸術劇場(池袋)

はじめに
「日本ヨーロッパ3カ国合同交流展」は、日本と海外の芸術家の交流展として、2014年より毎年東京で開催されてきました。よく「日本は美術展覧会が多い国」と言われますが、その多くが企画展であり、また題材となるのはすでに学術的評価の定まった芸術家ばかりです。本展では、現代で創作活動に励む国内外の芸術家・作家に注目し、その最新の作品を取り上げて参りました。
今回は、日本・フランス・ドイツの芸術家たちのご協力により、3カ国200点の作品が勢揃いしました。
ジャンルも国籍も多種多様な作品に触れ、現代に活躍する創作者たちの息吹を感じていただければ幸いです。


Maryline Bourdin Equus 30x30

見どころ
今回出展されるのは、フランスとドイツの芸術家の作品と、国内外で活躍する日本芸術家・文芸作家の作品です。
フランスは言わずと知れた芸術大国であり、19-20世紀前半にかけてのアートシーンはフランスを中心に回っていたと言っても過言ではありません。日本でもおなじみのモネやルノワール、ピカソ、マティスらはいずれもパリで活動することで芸術家として成長していきました。今回参加のアーティストたちもまたパリに活動拠点を置き、国内外で広く活躍しています。
一方ドイツは、デューラーやホルバインら著名な画家はもちろんのこと、音楽におけるバッハやヴェートーベン、文学におけるゲーテやヘッセなど、多様なジャンルで時代を超えた巨匠を輩出してきました。現代でもジャンルの枠を超えてバラエティ豊かな表現者が活躍し、本展の作品からもそのダイバーシティを感じ取っていただけるに違いありません。
また日本からは、絵画や工芸の他、水墨画や書道、写真、短歌、俳句、詩文など、多様なジャンルの作品が出展。国際色豊かな本展においても、現代日本の芸術文化を代表するにふさわしい作品が勢揃いしました。
フランス、ドイツの現代アーティストの作品が日本で公開される機会は極めて貴重です。ぜひこの機会に世界で飛躍する芸術家たちの共演をご覧ください。


Klaus Menz-Zander Liegender Akt
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ