株式会社ディテールアンドワークス
~毎朝店主が焼き上げる、しっとりふかふかした生地の新しいどらやき専門店~

株式会社DETALE & WORKS(本社:港区西麻布)運営:どら焼きテイクアウト専門店「門仲どらやき どら山(江東区門前仲町)」は、2022年6月24日(金)よりグランドオープンいたしました。只今おかげさまで連日完売しております。 URL:https://www.instagram.com/dorayama_jp/?hl=ja




まるでパンケーキのようなふかふか生地の新食感な本格どらやき



どら山名物「黒どら」250円
これまで日本文化として愛され続けてきたどら焼き。その美味しさをそのまま活かし、昔ながらの和菓子づくりの手間ひま掛けた製法に、洋菓子のエッセンスを忍ばせて、一枚一枚手焼きにこだわった王道かつ独自の甘さ控えめのしっとりふかふかどら焼きが生まれました。それが「門仲どらやき どら山」です。
どら山の全ての素材は美味しさを追求し、いずれも選び抜かれた国産品を多く使用しています。

【北海道十勝産小倉あん】
最高品質の十勝産あずきを使い、 粒の食感が感じられる塩味を利かせたどら山らしい味わいになっております。
【白いんげん豆上白あん】
国産を含む白いんげん豆を原料に白双糖を加えて、とろみもあり柔らかく仕上がっております。
【竹鶏たまご】
宮城県 蔵王のふもとの自然で育てた、くさみがなくやさしい味わいの卵です。
【国産本みりん・こめ油】
国産本みりん、酸化を抑えるこめ油を使用しております。
ふんわりした甘みとお米のむっくり香ばしい風味を感じることができます。


【8月限定】桃を使ったジューシーな「旬どら」


八月限定「桃どら」250円
毎月異なる旬の果物を挟んだどらやきをご提供している大好評の「旬どら」。7月のいちじくを使用した「いちじくどら」は多くのリピーターの方に惜しまれながら7月いっぱいで幕を閉じました。8月は今一番食べ頃のみずみずしい桃を使用した「桃どら」を販売中です。ふっくらしたどらやきの皮に優しい味の白あん、その上にカットした桃をのせた贅沢な味わいのフルーツどらやきを当日売り切れる前に、ぜひご堪能ください。


古いマンションの1階を改装した、大暖簾がアイコニックなレトロ可愛い店舗


門前仲町駅近くの裏路地にひときわ目立つ大きな暖簾
門前仲町駅にほど近い古いマンションの1階に、新店舗でありながらどこか懐かしい佇まいの外観。昔ながらの下町情緒残る門前仲町に溶け込み、地域の人々は親しみを持って足を運び、観光がてらに立ち寄った人々はモダンな装いの和菓子屋さんにオープン前から気になっていた人が多くいたらしいとのこと。
場所は大通りから1本裏路地に入ったところで、ビルやマンションが立ち並ぶ中、突如大きなどらやきのイラストの暖簾が視界に入ります。その大きさなんと全長2m四方の大きな暖簾が風を受けてなびいており、一味変わったお店の業態をうまく象徴した装いとなっています。

ふかふかな生地を毎朝焼いています。
【店頭で毎朝手焼きを実演
どら山のどらやきは毎朝7時より生地から作り、一枚一枚手焼きをしています。生地の分量、粉の混ぜ方、皮の焼き方全てがどら山流で、少しでも間違えると仕上がりが全く異なってしまいます。決して機械を使って作ることができない手間ひまかけたどらやきは、まずはその日のうちにお召し上がりください。また添加物は一切使わずに翌日もしっとり感が続く生地の配合を実現しましたが、念の為乾燥を防ぐためにジップロックなどで密封いただくことをお勧めしております。


可愛いどらやきマークの紙包装
【食べ歩きもできる個包装】
中心のミシン線より紙袋を破ることで、手を汚さずに街なかで気軽にどらやきを召し上がれます。よく「ファミチキみたい」と思われるお客さまがよくいらっしゃるよう。門前仲町の神社仏閣を巡りながら、公園でひと休憩しながら、おウチでコーヒー片手に一呼吸、日常のふとしたすき間に楽しめる個包装パッケージに包んであります。


紐が長くて肩に掛けられ、両手が空いて持ち運びやすい設計
【家族や友人、職場へ気軽にオモタセ♪】
10個程度が入るどら箱・モダンで可愛い紙袋にもお入れできます。いろいろなシーン、TPOにも合わせられる感度の高い包装紙は、気の知れた仲間と一緒に楽しんでほしいというどら山のどらやきならではの気遣い。また一口つまみ食いできる気軽さも嬉しいポイント。


【店舗概要】
店名:「門仲どらやき どら山」

住所:〒135-0048 東京都江東区門前仲町2丁目6−9 ひいらぎビル1F
アクセス:東京メトロ東西線 門前仲町駅より徒歩30秒
営業時間:10:30~16:00 ※売り切りで閉店する場合がございます。
定休日:火曜日
URL:https://www.instagram.com/dorayama_jp/?hl=ja
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ