国立大学法人岡山大学

2022(令和4)年 6月 29日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/




 本学では、これまで海外在住外国人の出願について、受験機会の確保に努めてまいりました。令和4年6月1日以降、「水際対策強化に係る新たな措置(28)」が適応され、入国の際の水際対策が緩和されております。
 つきましては、本学の入学者選抜に出願を予定している志願者(海外在住外国人)の相談窓口を設けますので、お知らせいたします。


1.相談窓口:
 ・岡山大学 学務部 入試課
 ・E-mail:dce7193◎adm.okayama-u.ac.jp
      ※ ◎を@に置き換えて下さい

2.相談期間:
 国際バカロレア選抜(8月募集) 6月28日(火)~7月6日(水)日本時間17:00まで
 国際バカロレア選抜(10月募集) 今後お知らせします。
 私費外国人選抜 今後お知らせします。

3.連絡事項:
 次の必要事項をメール本文に記載し相談を行う。
  ・志望入試区分(国際バカロレア選抜(8月募集))
  ・氏名(母国語、英語(パスポートの通り)の両方)
  ・国籍
  ・現住所(出国前の居住地)
  ・電話番号
  ・メールアドレス
  ・志望学部(学科・専攻・コース・系含む)

4.手続きの流れ
 (1)出願を希望する海外在住外国人は、相談期限までに相談窓口へ必ず連絡してください。
    メールのタイトルは、「海外からの出願に関する相談(国・氏名)」としてください。
 (2)受験に際して本学が指定する条件、手続きの詳細、誓約書等について、個別にお知らせします。

5.その他
 事前の相談をせずに出願された場合で、後になって海外在住と判明した場合、受験はできませんので注意ください。



本リリースは、令和4年6月28日岡山大学ホームページ掲載内容です。最新情報は必ず本学ホームページ等にてご確認をお願い申し上げます。
https://www.okayama-u.ac.jp/tp/admission_news/admission_news_id118.html




岡山大学津島キャンパス(岡山市北区)


◆本件問い合わせ先
 岡山大学 学務部 入試課(大学会館1階)
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中2-1-1 岡山大学津島キャンパス
 TEL:086-251-7067、7192~7194、7295
 FAX:086-251-7197
 E-mail:dce7193◎adm.okayama-u.ac.jp
※ ◎を@に置き換えて下さい
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/admission_news/admission_news_id118.html

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年7月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000736.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ