小田急電鉄株式会社
~ ワンパッケージで旅行の準備がより手軽に!箱根周遊がスマートフォン1つで完結 ~

 小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、旅行代理店との連携強化によるデジタルチケットの利用促進を通じた観光型MaaS推進のため、2022年6月29日(水)から、東武トップツアーズ株式会社(本社:東京都墨田区 社長:百木田 康二)とは初めて、株式会社日本旅行(本社:東京都中央区 社長:小谷野 悦光)とは第二弾の連携として、両社Webサイトにて「デジタル箱根フリーパス」がセットになった旅行商品の販売を開始します。


 デジタル箱根フリーパスとは、小田急グループの箱根エリアの8つの乗り物が乗り降り自由で、箱根山内の温泉や観光施設等約70か所にて割引等の優待が受けられる電子チケットです。購入から利用までスマートフォン1つで、旅行当日の小田急線の改札認証はQRコード※、箱根エリアではスマートフォンの画面を提示してスムーズな旅をお過ごしいただけます。

 本連携により、東武トップツアーズと日本旅行がオンラインにて取り扱う箱根宿泊プランなどの「国内旅行商品」に、小田急線新宿駅発の乗車券付または箱根登山線小田原駅などを出発駅とする現地用デジタル箱根フリーパスをセットにし、一括してお買い求めいただけるようになります。お買い求めの際に発行されるクーポンコードを、デジタルチケット購入サイト「EMot オンラインチケット」、アプリ「EMot」に入力してデジタル箱根フリーパスを発券いただき、オンラインで旅行の手配とチケット発券までが完了します。

 東武トップツアーズは、関東近郊にお住いの方に向けた宿泊プランのセット商品として、現地用を6月29日から、新宿駅発を7月以降順次発売します。 なお、当社と日本旅行は、2021年11月から2022年3月まで、同社サイトにて現地用を セットにした旅行商品を期間限定で販売しましたが、6月29日から取り扱う商品を拡充し販売を強化します。
デジタル箱根フリーパスで乗り降り自由な「箱根海賊船」
デジタル箱根フリーパス券面
 「EMot」では箱根や江の島・鎌倉などの沿線観光地のほか、浜松や秩父など全8エリア、34種類のデジタルチケットを販売しています。旅行代理店の連携拡大による販売チャネルの強化を通じて、より多くのお客さまにデジタルチケットをご活用いただき、スマートフォン1つで快適に周遊いただける観光型MaaSを推進します。
※ QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

旅行代理店連携による「デジタル箱根フリーパス付旅行商品」の発売に関する概要は下記のとおりです



1 販売開始日 
2022年6月29日(水)

2 商品概要
・箱根宿泊プランなどの「国内旅行商品」に、新宿駅発または現地用の2日間有効の「デジタル箱根フリーパス(大人用)」をセットにした旅行商品です。宿泊先と箱根周遊券をまとめて予約・購入することが可能となります
・デジタル箱根フリーパスは、デジタルチケット購入サイト「EMotオンラインチケット」またはMaaSアプリ「EMot」にて、旅行商品購入時に発行される クーポンコードを入力して発券します。小田急線の改札認証はQRコードを専用機器にかざして、箱根エリアでは駅係員・施設スタッフに提示してご利用いただけます

東武トップツアーズ:「宿泊プラン」、「JR特急踊り子号利用と宿泊プラン」
オンライン販売サイト:https://tobutoptours.jp/


1. 「小田急線新宿発のデジタル箱根フリーパス」、「箱根エリアの宿泊先」(7月以降発売)
2. 「JR東京駅、JR横浜駅からJR小田原駅までの乗車券・特急券」、「現地用のデジタル箱根フリーパス」、「箱根エリアの宿泊先」
※ 7月1日からの宿泊、全13箇所から選択いただけます

<商品例>【2.の宿泊プラン】
箱根高原ホテルの宿泊にJR東京駅から小田原駅までの「特急踊り子号」  乗車券・特急券と現地用デジタル箱根フリーパス付商品
1泊夕朝食付き・2名1室利用の際のおとな1名分
19,200円~39,300円(税込)

日本旅行:「宿泊プラン」、「新幹線利用と宿泊プラン」
オンライン販売サイト:https://www.nta.co.jp/


1. 「小田急線新宿発のデジタル箱根フリーパス」、「箱根エリアの宿泊先」
2. 「現地用のデジタル箱根フリーパス」、「箱根エリアの宿泊先」
3. 「新幹線利用」、「現地用のデジタル箱根フリーパス」、「箱根エリアの宿泊先」
※ 7月4日からの宿泊、全15箇所から選択いただけます

<商品例>【1.の宿泊プラン】
リ・カーヴ箱根の宿泊に小田急線新宿駅発のデジタル箱根フリーパス付商品
1泊夕朝食付き・2名1室利用の際のおとな1名分
17,000円~28,200円(税込)

【参考1】MaaSアプリ「EMot」
1 公式HP https://www.emot.jp
2 ダウンロード
iOS https://apps.apple.com/jp/app/emot/id1472652885
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.odakyu.emot&hl=ja

【参考2】日本旅行と連携開始時のニュースリリース(2021年11月)
URL https://www.odakyu.jp/news/o5oaa10000020teh-att/o5oaa10000020teo.pdf

以 上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ