ディアジオ ジャパン株式会社
日本代表バーテンダーを決めるJAPAN FINALを5/26(木)、27(金)の2日間で開催!厳しい予選を勝ち抜いてきた10名のファイナリストたちの熱い戦いがオンラインにて視聴可能!

 世界 180 以上の国々で酒類ブランドを展開する英国大手酒造企業のディアジオ社の完全子会社ディアジオ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表:カイリー・ウォールブリッジ)は約60の国と地域から約25,000名を超えるバーテンダーがしのぎを削る世界規模の大会である「DIAGEO WORLD CLASS 2022」の日本予選となる「DIAGEO WORLD CLASS 2022 JAPAN FINAL」を2022年5月26日(木)、27日(金)に東京都渋谷区のTRUNK(HOTEL)にて開催します。また、こちらの開催に伴い、JAPAN FINALに出場する10名のファイナリスト・バーテンダーが決定しましたので発表いたします。  厳しい予選を勝ち抜いた、10名のファイナリストが己のパフォーマンスを最大限に発揮することで、熱戦が予想されますので ぜひオンラインでご視聴ください。



 競技内容はバーテンダー10名が、タンカレー ナンバーテンとドン・フリオ ブランコをベースに、スッキリと口当たりの軽いカクテルを作成する「リフレッシング チャレンジ」に始まり、食事の前後にサーブする食前酒と食後酒を考案する「アペリティフ&ディジェスティフ チャレンジ」を大会初日の26日に、バーテンダーそれぞれの代表的な作品となる「シグネチャー カクテル チャレンジ」と制限時間内に6つのカクテルを作る「スピード&テイスト チャレンジ」を27日に行い、計4つの競技でバーテンダーのパーソナリティも含めた「技」、「味」、「おもてなし」を競います。各バーテンダーが日々磨き上げたスキルを生かしながら、制限時間内に極上の一杯を作り出すその姿を通じて、「お酒への興味や味わいを増幅するようなエンターテインメント性のあるプレゼンテーション」を行うバーテンダーの総合力を競い合います。この大会の優勝者は9月にオーストラリア・シドニーで開催予定の世界大会へ参加する権利を手にします。

大会を通じて、より多くの皆様に「世界大会の切符を掴むために奮闘するバーテンダーの姿」や「カクテルの楽しみ方」をお届けしたいと考えています。ぜひとも多くの皆様がお酒を片手にご視聴いただけることをお待ちしております。


大会概要

大会名 :DIAGEO WORLD CLASS 2022 JAPAN FINAL
     (ディアジオ ワールドクラス 2022 ジャパンファイナル)
主  催:ディアジオ ジャパン株式会社
開催日時:2022年5月26日(木)、27日(金)※2日間
開催会場:TRUNK(HOTEL)(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目31)


大会配信URL

・26日 YouTube  : https://youtu.be/PVtICyvTO6I
・27日 YouTube  : https://youtu.be/azfRF81lk70
・両日共通 facebook: https://www.facebook.com/WorldClassJapan


競技内容

26日:
 ・「リフレッシング チャレンジ」
 ・「アペリティフ&ディジェスティフ チャレンジ」
27日:
 ・「シグネチャー カクテル チャレンジ」
 ・「スピード&テイストチャレンジ」


大会ファイナリスト 10名(順不同)

1.小坂 駿(コサカ シュン)       東京都 / 京王プラザホテル
2.竹田 英和(タケダ ヒデカズ)     東京都 / Bar 霞町 嵐
3.中山 理紗(ナカヤマ リサ)      東京都 / LEAP BAR
4.中村 大樹(ナカムラ ダイキ)     東京都 / コンラッド東京 バーラウンジ TWENTY EIGHT
5.長尾 和明(ナガオ カズアキ)     東京都 / Bar LIBRE
6.竹下 健一(タケシタ ケンイチ)    京都府 / ザ・リッツ・カールトン京都
7.古瀬 則彦(フルセ ノリヒコ)     大阪府 / Zentis Osaka UPSTAIRZ
8.山田 幸輔(ヤマダ コウスケ)     大阪府 / Bar,K
9.木下 恭伸(キノシタ ヤスノブ)    兵庫県 / SAVOY KITANOZAKA
10.緒方 唯(オガタ ユイ)        宮崎県 / Wine & Bar 麦家


DIAGEO WORLD CLASSとは



 2009年よりスタートし、今年で13回目を迎える「ワールドクラス」は、“Raising the Bar”(世界中のバー文化と価値を高める、そしてバーを通してお酒の楽しさ、素晴らしさをお客様に伝えていく)をコンセプトに、約60の国と地域から約25,000名を超えるバーテンダーがしのぎを削る世界規模の大会です。

公式サイト https://www.wcjapan.jp/


DIAGEO WORLD CLASS 2022 JAPAN FINALとは



 予選を勝ち抜いたバーテンダー10名が4つの競技を行い、バーテンダーのパーソナリティも含めた「技」、「味」、「おもてなし」を競います。タンカレー ナンバーテンとドン・フリオ ブランコをベースに、スッキリと口当たりの軽いカクテルを作成する「リフレッシング チャレンジ」に始まり、食事の前後にサーブする食前酒と食後酒を考案する「アペリティフ&ディジェスティフ チャレンジ」、バーテンダーそれぞれの代表的な作品となる「シグネチャー カクテル チャレンジ」、制限時間内に6つのカクテルを作る「スピード&テイスト チャレンジ」のエンターテイメントとプロフェッショナルを兼ね備えた計4種目の競技で構成されています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ