FC大阪
大阪府東大阪市をホームタウンとするサッカークラブ「FC大阪」は、株式会社バックキャストテクノロジー総合研究所と、CO2排出量の可視化と削減に向けた業務提携を締結いたしましたことをお知らせいたします。


この度、FC大阪は株式会社バックキャストテクノロジー総合研究所と、CO2排出量の可視化と削減に向けた業務提携を締結いたしましたことをお知らせいたします。

業務提携の目的と今後の取組方針
FC大阪はこれまでに大阪府、東大阪市をはじめとした行政、企業、地域団体と多種多様に連携することで、SDGsの達成や地域課題解決の取り組みに繋げてまいりました。
地域行政、企業や地域団体とクラブが両者の情報を共有し、相互に認識した上で課題解決に行動することこそが、多様なステークホルダーとの接点を持つスポーツクラブの使命であると捉えており、クラブが主体となって様々な問題に関する普及啓発や行動変容を訴求することで、サポーターや地域への効果的な働きかけと、今後の持続可能なまちづくりに繋がると考えております。

その中でこの度は、国の2050年脱炭素社会(カーボンニュートラル目標)目標達成に向けて、スタジアム運営をはじめとしたプロスポーツクラブにおけるCO2排出量の可視化と削減を目的に、株式会社バックキャストテクノロジー総合研究所と業務提携をいたしました。
株式会社バックキャストテクノロジー総合研究所は、SDGsやパリ協定等環境・エネルギー分野を取り巻く諸課題を踏まえ、バックキャスティング手法を用いて2050年における「未来」の社会に求められる技術や生活様式を明らかにし、CO2排出の大幅な削減に耐えられる事業構造を探るとともに、CO2を排出しない新しいビジネスモデルの実現に向けて取り組まれております。また、同社は企業や自治体の会計情報等から二酸化炭素排出量の算定や削減効果測定を可視化するシステム「環進帳」を開発しており、プロスポーツ分野における脱炭素化に向けて大きな進展が期待されます。

今後、この業務提携に基づき、継続的に意見交換等を重ね、組織運営(株式会社F.C.大阪)、試合運営(選手の移動や、観客の移動、チケットやグッズ販売を含む)の全般に渡るCO2排出量の可視化を行い、地域の脱炭素化や循環型社会への貢献などをテーマにした具体的な活動へ展開して参ります。


株式会社バックキャストテクノロジー総合研究所について
会社名:株式会社バックキャストテクノロジー総合研究所
設立:平成29年7月3日
代表:取締役社長 傘木 和俊
所在地:東京都港区虎ノ門1-2-20
ホームページ:https://bct2050.com/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ