株式会社nest
池袋駅東口「グリーン大通り」をはじめ、池袋全体を舞台にストリートファニチャーの設置やマーケットを開催!


株式会社nest(東京・池袋、代表取締役:青木純、馬場正尊)、株式会社グリップセカンド(東京・池袋、代表取締役:金子信也)、株式会社サンシャインシティ(東京・池袋、代表取締役:合場直人)、株式会社良品計画(東京・池袋、代表取締役:堂前宣夫)の4社は、池袋東口エリアを中心に、2017年から進めている“まちなかリビング”を広げていくプロジェクト『IKEBUKURO LIVING LOOP』(主催:グリーン大通りエリアマネジメント協議会【※】)を今年も始動します。




2022年度の本プロジェクトは、居心地よく歩きたくなる、ウォーカブルなまちづくりを推進する豊島区の区制施行90周年事業の一環として開催いたします。



池袋駅東口に位置するグリーン大通り、南池袋公園を中心に、池袋のまちなかでリビングのように居心地良く過ごせるマーケットやストリートファニチャーの常設化に向けた社会実験などを開催します。

「まちなかリビングのある日常」をコンセプトに、昨年から続けて実施しているストリートファニチャーの社会実験や5月以降2ヶ月に1度のマーケット等を行います。そのほか、池袋の様々な企業や店舗、施設との連携も予定。まちなかの回遊を促進、歩きたくなるまちを目指します。


※グリーン大通りエリアマネジメント協議会とは
通称GAM。2016年に発足し、主にグリーン大通り周辺の企業や商店街で構成されるエリアマネジメント団体。国家戦略特別区域法に規定する国家戦略道路占用事業によるエリアマネジメントに係る道路法の特例を取得。
道路空間を利用した「国際劇場空間の創出(アートフェス)」、「コミュニケーションの創出(オープンカフェ)」「賑わい創出(マルシェ)」等の事業が実施可能となり、様々なイベントを展開しています。


【IKEBUKURO LIVING LOOPの概要】
IKEBUKURO LIVING LOOP
コンセプト:”まちなかリビングのある日常”

ストリートファニチャー設置の社会実験

公共空間での様々な過ごし方の創出を目指し、常設化に向けたストリートファニチャーの設置により、居心地の良いストリートを創出し、グリーン大通りの利用者層やアクティビティの変化などを調査する社会実験です。

開催期間:
2021年10月16日(土)~2023年1月31日(火)※予定
設置場所:
1. 池袋ニッセイビル前(東京都豊島区東池袋1丁目24-1)
2. あおぞら銀行前(東京都豊島区南池袋2丁目28-13)
3. IKEBUSバス停横(東京都豊島区南池袋2丁目29-10










マーケット

いつもの日常を彩るマーケットとして、グリーン大通りの一部で地元の作家や飲食店、池袋駅沿線の生産者などが出店します。ファニチャーを屋台の間に並べて買い物をしながら寛げる空間づくりを行います。

開催期間:
2022年
5月21日(土)11:00~20:00
7月16日(土)11:00~20:00
9月17日(土)11:00~20:00
会  場:
メイン グリーン大通り(一部)
サ ブ 南池袋公園、サンシャインシティ、その他周辺施設・店舗と連携



スペシャルマーケット

年に1度の特別な3日間。グリーン大通り、南池袋公園に池袋文化圏や全国のつくり手・生産者が並びます。周辺の地元店舗や施設と連携し、まちなかを回遊(ループ)して、歩いて楽しむ日常づくりを行います。

開催期間:
2022年
11月4日(金)16:00~20:00
5日(土)11:00~20:00
6日(日)11:00~16:00
会  場:
メイン グリーン大通り、南池袋公園
サ ブ サンシャインシティ、無印良品 池袋西武(西武池袋本店別館1F~2F)その他周辺施設・店舗と連携











「まちなかリビングのある日常」をテーマにZINEの発行やSNS発信

豊島区内のまちなかリビングのある風景を切り取り、リビングのように居心地の良いまちなかを発信するZINEの発行やSNSでの発信を行います。「#まちなかリビングのある日常」というハッシュタグで、あなただけのまちなかりリビングのある日常を教えてください。




主催:グリーン大通りエリアマネジメント協議会
共催:豊島区
企画運営:株式会社nest、株式会社グリップセカンド、株式会社サンシャインシティ、株式会社良品計画
協力:南池袋公園をよくする会ほか
コンテンツ:マーケット(5月以降隔月開催)、ストリートファニチャーの設置実験、「まちなかリビングのある日常」をテーマにZINEの発行やSNS発信 ほか
ウェブサイト:http://ikebukuropark.com/livingloop/
SNS:https://www.instagram.com/ikebukuro.living.loop/
注意事項:新型コロナウィルスの感染拡大防止や台風などの天災等によりイベント内容が変更になる場合もございます。また、行政からの緊急事態宣言やそれに類する規制等が発令された際には、中止となる場合がございます。

※情報は、随時ウェブサイトとSNSで更新していきます。
※画像はイメージとなります。
※記載内容は変更となる場合があります。



これまでの取組み

2017年より年に一度のイベントとして「IKEBUKURO LIVING LOOP」を5回開催。池袋や池袋沿線をはじめ、全国から雑貨や飲食、野菜、ワークショップなどの出店者が集い、グリーン大通りと南池袋公園に並びました。周辺の店舗や施設と連携し、まちなかを歩いて楽しむ仕掛けを施し、池袋全体をリビングのように楽しむムードづくりを行ってきました。初年度は、グリーン大通りの期待値・認知向上を目的とし、その後、居心地の良いファニチャー・照明・植栽の実験を実施し、常設ベンチや照明、給排水設備、植栽帯のハードの更新をともなうの再整備へ繋げました。イベント時にストリートやまちなかでリビングのように居心地良く過ごす風景が定着してきたことを受け、昨年度から日常的な居心地の良い空間と賑わいの常態化を目指して、「IKEBUKURO LIVING LOOP」を長期的なプロジェクトとして、さまざまなコンテンツを実施しております。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ