株式会社リビタ
アートストレージとホテルが融合したKAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 1Fにオープン

株式会社THE DAYS(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役社長:小林 弘樹)は『KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS(読み:カイカ トウキョウ バイ ザ シェア ホテルズ)』1Fにコーヒーとフードペアリングを楽しむ、知的好奇心を刺激するカフェ safn°(サフン)をオープンします。 KAIKA 東京は、社会、くらしをリノベーションし、あなたと環境にとって豊かな未来をつくる株式会社リビタ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川島 純一)が墨田区本所で運営する、アートストレージとホテルが融合したライフスタイルホテルです。


「safn°」はKAIKA 東京1Fにてオープンします。
【safn° Instagram アカウント】
https://www.instagram.com/safn_coffee/


「safn°」概要

safn°とは、アイスランド語で美術館という意味。ゆっくりと流れる時間の中でアートを楽しむカフェでありながら、アカデミックでインテリジェンスな空気が満ち溢れています。safn°の”°”(degree)は緯度・経度など“場所”や“時間”、“温度”など様々な解釈を表しており、元倉庫ビルをリノベーションした建物の中で、時を超えて様々なアートを日常の一部として感じて頂きながら、スペシャルティコーヒーに合わせたお食事をお楽しみいただけます。


スペシャルティコーヒーについて

ローカルファーストの考えのもと地域のロースターへsafn°オリジナルブレンド作製をオーダー。提供する発酵食品を使ったメニューには酸味のある浅煎りのコーヒーをペアリングさせるなどsafn°のフードに合わせて浅煎り、中煎り、深煎りのコーヒーを提供いたします。





食事メニューについて

safn°はサスティナビリティの考えのもと、ヘルシーな代替ミートなどを積極的に使用したビーガンメニューを提供します。その中でも1番のお勧めのブッダボウルはベジタリアンやビーガンの方だけではなく、多くの方にも喜んでいただけるボリュームと栄養のバランスを考えたスーパーミールです。ビーガンのメニューはどのお時間帯でもご用意しておりますので、「朝活」や「夜カフェ」としてご利用いただけます。

「ブッダボウル」イメージ
「タルティーヌ」イメージ



フードメニューについて


「ブッダボウル」
・紅芯大根の塩麹漬け・グリルズッキーニ・キャロットラペ・大豆ミンチのミートソース・アボカド
・キヌアミックス・ひよこ豆・スプラウツ など (白味噌を使ったソースを添えて)

「タルティーヌ」
・鶏胸肉のコンフィのタルティーヌ ・スモークサーモンのタルティーヌ ・りんごとシナモンのタルティーヌなど(ご朝食には1種、ランチタイムには2~3種からお選びいただけます)

そのほか季節のスープのセットや、マフィンなどの焼き菓子をご用意しております。


ドリンクメニューについて

アメリカーノ、カフェラテなどのコーヒーメニューに加え、幻幻庵レモングラスほうじ茶、本日のスムージーなどのソフトドリンクとブリュードッグ パンクIPAやフォア ジン、知多などのアルコールもご用意しております。


朝食について 7:00-10:00 [L.O. 9:30]

季節野菜をふんだんに使ったタコライス風のビーガンブッダボウル、もしくはお肉やお魚を使った食べ応えのあるシーズナルタルティーヌを温かい季節のスープと共にご提供致します。お食事に合わせたコーヒー、もしくはその他のドリンクがセットで付いております。※ホテル宿泊客様以外の、一般のお客様もご利用いただけます。


『safn°』について

・施設名  :safn° (読み:サフン)
・開業日  :2022年6月1日
・営業時間 :7:00~22:00(L.O. FOOD 21:00 / DRINK 21:30)※アルコール類は11:30からご提供
・朝食時間 :7:00-10:00(L.O. 9:30)
・定休日  :不定休
・住所   :東京都墨田区本所2-16-5 KAIKA東京by THE SHARE HOTELS 1F
・電話番号 :03-5637-7170
・web   :www.safn.jp (2022年5月26日(木)公開予定)
・Instagram:@safn_coffee


株式会社THE DAYSについて

2018年、湘南藤沢にて地域を大切にする“ローカルファースト”をコンセプトにスタートした、カフェ、レストラン、キッチンカー等の運営やコンサルティングを行うブランディングカンパニー。清澄白河、LYURO東京by THE SHARE HOTELS 2Fにて「PITMANS」(ピットマンズ)を運営。


『KAIKA 東京』について

『KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS』(※1)は、アート作品を公開保管するアートストレージとホテルが融合したコンテンポラリーアートの新しい拠点です。元倉庫ビルをコンバージョンした空間に、アートギャラリー(※2)のための9つのアートストレージと、一般公募「KAIKA TOKYO AWARD」により集められた作品を収蔵展示し、アートシーンの舞台裏のような場で国内外のゲストに新しい鑑賞体験を提供しています。

※1:「KAIKA」という名称には見せる収蔵庫を意味する「開架」という意味に加え、日本のアート文化を広め「開化」させたい、アーティストの才能「開花」をサポートしたいという思いが込められています。
※2:ArtSticker ,CLEAR GALLERY TOKYO, KOSAKU KANECHIKA, NANZUKA, VOILLD, Yoshimi Arts, YUMIKO CHIBA ASSOCIATES (アルファベット順・2022年5月現在)

1Fのアートストレージ Photo by Takumi Ota
客室の一室(Superior 4) Photo by Takumi Ota

・施設名:KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS (読み:カイカ トウキョウ バイ ザ シェア ホテルズ)
・開業日:2020年7月15日
・所在地:東京都墨田区本所2-16-5
・交通 :都営浅草線「浅草駅」徒歩8分、「本所吾妻橋駅」徒歩9分、都営大江戸線「蔵前駅」徒歩9分
・客室数:73室
・定員 :239名


THE SHARE HOTELS について

株式会社リビタが2016年3月よりスタートしたライフスタイルホテルブランド。2016 年の第1号店『HATCHi 金沢』をはじめ、2017年『LYURO 東京清澄』、『HakoBA 函館』『KUMU金沢』、2018年『RAKURO京都』、2019年『TSUGU 京都三条』『KIRO 広島』、2020年『KAIKA 東京』を開業し、2021年9店舗目となる『MIROKU 奈良』が開業しました。

「SHARING WITH LOCALS」
THE SHARE HOTELSは、「地域との共生」を目指すホテルブランドです。
私たちは、日本各地の文化を担うプレイヤーたちと共にホテルをつくり、人々が集う活動の受け皿として、地域に開いた場づくりをしています。 ここを訪れると、地域の今の空気を感じられることはもちろん、人々との出会いがあり、ときにユニークなイベントにも参加できるでしょう。
地域との多様なシェアリングによって、その魅力を集め、伝え、そして再び地域に還元しながら、地域の文化づくりに貢献しつづけること。それが私たちが目指すホテルのかたちです。


株式会社リビタ について

社会、くらしをリノベーションし、あなたと環境にとって豊かな未来をつくる会社として設立。「次の不動産の常識をつくり続ける」を経営ビジョンに掲げ、一棟、一戸単位のマンションや戸建てのリノベーション分譲事業やリノベーションコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅や商業施設、公共施設の企画・運営、PM・サブリース事業、ホテル事業、オフィス事業を手がけています。
現在、一棟まるごとリノベーション分譲事業の企画・供給実績は51棟1,551戸、リノベーション済みマンションの供給実績は1,041戸(2021年3月時点)。また『シェアプレイス』シリーズをはじめとするシェア型賃貸住宅は、都内近郊に20 棟 1,288 室を運営中(2022年2月時点)。その他、東京内神田のシェア型複合施設『theC』、大人の部活がうまれる街のシェアスペース『BUKATSUDO』など、暮らしの概念を「働く」「遊ぶ」「学ぶ」などにも領域を広げたプロジェクトの企画・プロデュース・運営も多く手がけています。2016年3月にはホテル事業を開始、全国で『THE SHARE HOTELS』を展開。また、2021年よりオフィス事業を本格化し、暮らしを自由にするオフィス「12」シリーズを展開。

名称:株式会社リビタ
代表取締役社長:川島純一
設立:2005年(2012年より京王グループ)
住所:東京都目黒区三田1-12-23 MT2ビル
URL:https://www.rebita.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ