ロンシャン・ジャパン株式会社
~遊び心をくすぐるボトルホルダーやメッセンジャーバッグもラインアップ~

1948年にフランス パリでジャン・キャスグランが創業した、現代性溢れるラグジュアリーとクリエイティビティ、ダイナミズムが融合したメゾンブランド ロンシャンは、メゾンを代表するアイコニックなコレクション「ル プリアージュ(R)」のシグネチャーパーツ“ロシアンレザー”を昇華させたコレクション「Epure(エピュレ)」新作を全世界でローンチ、日本では公式オンラインストア、「ロンシャン ラ メゾン表参道」、「ロンシャン ラ メゾン銀座」と一部ストアを皮切りに、2022年5月17日(火)以降順次全国にて展開予定です。



“エピュレ(余分なものを削る、洗練させるの意)” – ロンシャン2022年春夏コレクションでは、メゾンを代表する「ル プリアージュ(R)」のハンドル/フラップに用いられている素材“ロシアンレザー※”を新たに解釈した、パリシックなバケットバッグが誕生しました。メゾンのオーセンティシティと機能性が共存したエフォートレスな美しさ漂うバッグは、かの有名な“fashion passes, but style remains(流行は過ぎ去り、スタイルが残る)”を表現しているといえます。

今季はパリのエスプリが宿るビストロを舞台に、マルチカラーの織りが雅やかなビストロチェアから着想を得た新作が登場いたします。チェア特有の籐の織りを6色のカウハイドレザーを複雑に編み込んで表現し、トリミングでもアクセントを添えています。また、レザーは過去のコレクション製作で発生した余り素材をアップサイクルすることで、バッグにさらなる美しさをもたらしています。さらに、プレタポルテコレクションのチャンキーなケーブルニットに着想を得た、ブラックのボディにスノーホワイトとヘリテージグリーンのレザーを編み込んだ新作も登場し、メゾンのサヴォアフェールが息づくさまを表しています。

また「エピュレ」コレクションには「ル プリアージュ(R)」のフラップからインスパイアされたメッセンジャーバッグとボトルホルダーの2モデルが新たに登場いたします。独創性に富んだボトルホルダーには、“ロンシャン・ホース”ロゴと大胆で鮮やかなグリーンのサイドストライプが効いたステンレスボトルが付属しています。

メゾンと歴史を共にしてきた馴染み深い素材を主役に据えた「エピュレ」は、今季パリならではの情景をバケットバッグに映し出すとともに、プレイフルな新モデルをも取り揃えています。

※1973年、二代目フィリップ・キャスグランが沈没船の中から発見されたロシア産のトナカイのレザーを手にしたことがきっかけで、1993年に誕生した「ル プリアージュ(R)」には、そのレザーを模してダイヤモンド型のグレイン(模様)をあしらったハンドル/フラップがつけられました。以来、「ル プリアージュ(R)」コレクションのハンドル/フラップには、メゾンのサヴォアフェール宿る仕上げ技法を施した“ロシアンレザー”が採用されています。

「Épure」
「ル プリアージュ(R)」のシグネチャーパーツ、“ロシアンレザー”を昇華させた新作バッグです。

サイズ、税込価格:
H22.5×W17×D17cm(バケットバッグ)¥67,100、¥72,600
素材/カラー展開:
カウハイド100%/ベージュ、オレンジ、ペールピンク
カウハイド100%(一部ラムスキン)/ブラック
※ベージュ、オレンジ、ペールピンクのみ、アップサイクルレザーを使用しています

サイズ、税込価格:
H13×W17×D6cm(メッセンジャーバッグ)¥37,400
H17×W7.6cm(ボトルホルダー)¥25,300
H22.5×W17×D17cm(バケットバッグ)¥42,900
素材/カラー展開:
カウハイド100%/ブラック、オレンジ、ブラウン、グリーン、フラワー
※ボトルホルダーはブラック、オレンジ、ブラウン、グリーンの4色展開です
※ボトルホルダー(ブラック)は公式オンラインストアとフラッグシップストア限定、ボトルホルダー(オレンジ)は公式オンラインストア、フラッグシップストア、阪急うめだ本店限定です

※写真左から順に記載

展開店舗:
公式オンラインストア、ロンシャン ラ メゾン表参道、ロンシャン ラ メゾン銀座、全国のストア
※ストアによって展開商品は異なります

【ロンシャンについて】
1948年にフランス パリでジャン・キャスグランが創業した、現代性溢れるラグジュアリーとクリエイティビティ、ダイナミズムが融合したメゾンブランド。パイプにハンドステッチレザーを巻いた、世界初のラグジュアリー革巻きパイプからはじまったブランドは、70年以上に及ぶヘリテージを踏襲しながら、現代に生きるロンシャンウーマンを彩るスタイルを発信し続けています。ロンシャンは、1993年に発表した、折り紙からインスパイアされた「Le Pliage(R)(ル プリアージュ(R))」やバンブーのトグルが印象的な「Roseau(ロゾ)」など、フランスのサヴォアフェールが宿るアイコニックかつタイムレスなバッグコレクションを世に送り出してきました。現在は、アーティスティック・ディレクター ソフィ・ドゥラフォンテーヌのもと、フレンチ・エレガンスを再解釈したプレタポルテや、レディース・メンズ向けのバッグ、アクセサリー、シューズ、アイウェア、トラベル用品を毎シーズン発表しています。家族経営の伝統を守るロンシャンは、今もキャスグラン家が所有・経営、世界80か国に300を超える直営ブティックを所有しています。日本では、2019年7月に「ロンシャン ラ メゾン銀座」が誕生し、フラッグシップである表参道・銀座のラ メゾンを含む56ストアを擁します(2021年6月時点)。また、フランス セグレに構えるアトリエを拠点にクラフトマンシップを重んじるロンシャンは、2007年以降、フランス政府により無形文化財企業に認定されています。

【掲載時のお問い合わせ先】
ロンシャン(ロンシャン・ジャパン)TEL 0120-150-116
公式オンラインストア https://www.longchamp.com/jp/ja/
Facebook http://www.facebook.com/Longchamp.japan
Instagram https://www.instagram.com/longchamp/
Twitter http://twitter.com/Longchamp_JP
LINE @Longchamp.Japan
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ