株式会社東京ドーム
見る! 知る! 触れる!ファーブル『昆虫記』に迷い込んだかのような世界を体感できるコンテンツが満載!!

 東京ドームシティ(文京区後楽1-3-61)の「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」では、2022年7月8日(金)~9月4日(日)の期間、ファーブル『昆虫記』を執筆したアンリ・ファーブルが2023年に生誕200周年を迎えることを記念して、『ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展TOKYO』を開催します。  ひと一倍つよい好奇心を持って自然を愛した、昆虫研究の先駆者アンリ・ファーブル。本展では、どんな苦難にも、学びの意欲を失わず、自分の目で見た、確かな事実しか信じないゆるぎない精神と、豊かな感受性を持ち合わせたファーブルの人生をたどります。  会場では、ファーブル『昆虫記』にちなんだ昆虫標本やファーブルの遺品など、ここでしか見られない資料の数々のほか、『昆虫記』を代表するスカラベ、オオクジャクヤママユ、ヌリハナバチの研究を詳しく解説し、昆虫たちの不思議に迫ります。


 また、自分が昆虫の目線になって体感する「スカラベの巨大ふん玉」や「ヌリハナバチ迷路」など、ファーブル『昆虫記』の世界をお楽しみいただけます。さらに、全長約3mの巨大な昆虫ロボットが登場する「巨大昆虫の森」、ヘラクレスオオカブト、コーカサスオオカブト、ギラファノコギリクワガタをはじめとする人気昆虫が大集結する「昆虫の生体展示」、生きたクワガタやカブトムシに触れる「昆虫ふれあいの森」などの体感型人気コンテンツも盛りだくさんです。
本展を通じて家族で見て、知って、触れる機会として夏の思い出に残るひとときをお過ごしいただけるほか、子どもたちの夏休みの自由研究にもぴったりのイベントです。



【開催概要】

■タイトル:ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展TOKYO
■期間:2022年7月8日(金)~9月4日(日) 【59日間】 ※開催期間中無休
■時間:10:00~18:00 ※最終入館は閉館の30分前まで
■場所:Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
■料金:当日 一般(大学生以上)1,600円/中・高校生1,300円/こども(4歳以上)1,000円
前売 一般(大学生以上)1,400円/中・高校生1,100円/こども(4歳以上)800円
※3歳以下は入場無料(単独入場はご遠慮ください)
※再入場不可
※会期初日7月8日(金)より当日料金

■チケット発売:決まり次第お知らせします
■主催:株式会社東京ドーム、株式会社ドリームスタジオ
■企画制作:株式会社ドリームスタジオ
■監修:奥本大三郎
■特別協力:NPO日本アンリ・ファーブル会
■協力:株式会社集英社
■展覧会公式HP:https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/event/konchu2022.html
■公式Twitter:https://twitter.com/Gallery_AaMo(@Gallery_AaMo)
■お客様からのお問い合わせ先:東京ドームシティわくわくダイヤル TEL.03-5800-9999
館内の様子 イメージ


【主な展示内容】

◇ファーブルの世界
ファーブルが生まれたサン・レオンのラベンダー畑を再現するほか、ファーブル『昆虫記』に関連する昆虫標本やファーブルの愛用品、年表などを展示します。

また、ファーブル『昆虫記』で取り上げられた「スカラベ」「オオクジャクヤママユ」「ヌリハナバチ」の3つのエピソードを紹介。ファーブルの昆虫研究を学べるグラフィック展示のほか、人間のスケールに置き換え、虫の目線で体感できる「スカラベの巨大ふん玉」や「ヌリハナバチ迷路」などの展示を実施し、遊びながら昆虫について学べます。

◇巨大昆虫の森
「ふしぎなトンネル」を抜けると、全長約3mの「巨大カブトムシロボット」、「巨大カマキリロボット」が出現します。

◇人気昆虫の生体展示
ヘラクレスオオカブトやコーカサスオオカブト、ギラファノコギリクワガタをはじめ、人気の昆虫の生体を展示します。

◇昆虫ふれあいの森
生きたカブトムシやクワガタに触れるエリアです。(時間交代制)
ヘラクレスオオカブト イメージ
コーカサスオオカブト イメージ
ギラファノコギリクワガタ イメージ
昆虫ふれあいの森 イメージ
※記載の価格は全て消費税込です
※Gallery AaMoでは、お客様およびスタッフの安全を守るため、業界団体のガイドライン等に準じた感染症拡大防止対策を実施しています
各施設の感染症拡大防止対策の詳細につきましては、公式ホームページをご覧ください
※今後の社会状況により、会期・内容が変更になる場合がございます。最新の状況は、公式ホームページをご確認ください


「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」施設概要

 感動を生み出すエンタテインメント性とアートの融合による、“楽しさ”と“ライブ感”を体験できる大人のための“遊べる”ギャラリー。最先端のアートから、工芸、サブカルチャーまで、様々なジャンルの催事を1~3ヶ月ごとに入れ替えながら継続的に展開していきます。

所在地:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い
床面積:約830平方メートル   天井高:約5m URL:https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/

◆詳細プレスリリース
https://prtimes.jp/a/?f=d77656-20220511-502ef86ed91849d2b147fbb4307519fe.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ