漢方カウンセリング がじゅまる
HSPが抱えやすい季節のお悩みを取り上げて、ツボ・お灸、漢方薬、食事、運動などのセルフケアを紹介。

昨年9月にはじめての漢方&セルフケアの本『HSPのための漢方生活(Parade Books)』を出版。 好評につき「HSP × 漢方」の2冊目の本がメイツ出版より発売されます。





・春は、イライラを感じやすい
・梅雨は、食欲がなくなりやすい
・夏は、冷房で体が冷えやすい
・秋は、気持ちが落ち込みやすい
・冬は、肩こりや生理痛が起きやすい
・いつも季節の変わり目には体調を崩してしまう

気温や気圧の変化、季節の変わり目に敏感なHSP(Highly Sensitive Person)の皆さんは、当てはまる方が多いのではないでしょうか。

この本では、HSPの方が特に抱えやすい季節のお悩みを取り上げて、ツボ・お灸、漢方薬、食事、運動など数あるセルフケアの中でも続けやすいものをご紹介しました。また、おすすめの漢方薬もHSPの方に向けたものを選んでいます。

自身もHSPで、これまで多くのHSPの方の体調不良や心の悩み相談に乗ってきた漢方カウンセラーが季節を健やかに過ごすためのヒントをお届けします。

心がホッとするイラストが描かれたオールカラーの季節感にあふれる本で、楽しみながら読める一冊です。





目次



PART1 HSPと漢方の基本
(HSPの5つの特徴、体質チェック、漢方薬・ツボ・お灸の説明など)

PART2 春のお悩み
(怒り・イライラ、花粉症、五月病、生理不順・PMS、動悸・手汗など)

PART3 梅雨のお悩み
(気象病、頭痛、食欲不振、憂うつ、暑さに慣れない)

PART4 夏のお悩み
(夏バテ、夏の冷え、寝苦しい、下痢、むくみ、多汗、口内炎など)

PART5 秋のお悩み
(秋バテ、食べ過ぎ、咳・のどの痛み、便秘、落ち込み、乾燥肌など)

PART6 冬のお悩み
(冷え症、風邪、肩こり、しもやけ、生理痛、冬季うつ、受験の緊張など)



著者プロフィール



漢方カウンセリング「がじゅまる」

横浜・妙蓮寺にある、日本では数少ないHSPにも対応できる漢方薬店。
HSP気質で漢方をこよなく愛する妻と、会社の人事責任者として多くの社員から相談を受けてきた夫の二人体制でのカウンセリングで、HSPの体調不良や心の悩みの相談に乗っている。カウンセリングでは漢方の基本や体質を分かりやすく説明し、健康になるための養生法やストレスへの対処法などを提案。首都圏のみならず、全国のHSPの方からの相談にもオンラインで対応している。
著書に「ひといちばい敏感で繊細なあなたを守る HSPのための漢方生活」(Parade Books)がある。

ホームページ:https://gajyumaru-kampo.com/


書籍情報

『HSPをささえる漢方セルフケア 専門家が教える「季節のお悩み」解消のポイント 』
著者:漢方カウンセリング「がじゅまる」
発売日:2021年11月30日
定価:1,694円(税込)
ISBN:978-4780425475
アマゾン:https://www.amazon.co.jp/dp/4780425476


出版社情報

株式会社 メイツユニバーサルコンテンツ
〒102-0093 東京都千代田区平河町一丁目1-8 麹町市原ビル4F
電話:03-5276-3050
ホームページ:https://www.mates-publishing.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ