あうるすぽっと
2021年9月に豊島区内の劇場等15会場で開催された「池袋演劇祭」。100名の公募審査員の採点により、全受賞団体が決定しました。

平成元年(1989年)から始まり、毎年9月に豊島区内で開催されている「池袋演劇祭」。第33回目となる今回は、初の試みとして配信作品も参加可能に。45団体15会場が参加、1か月の会期を終え、100名の公募審査員の採点により全受賞団体が決定。 見事大賞に輝いたのは、劇団東京ハイビーム「新『My Sweet Baby』」。作家・演出家の吉村ゆう氏が手がける本作は、代理母から赤ん坊が生まれるまでをノンストップで描くハートウォーミングコメディ。 この他、12の賞の受賞団体が決定しました。






池袋演劇祭とは

池袋演劇祭は、平成元年(1989年)から地域密着型の演劇祭として毎年実施され、今年で33回目を迎えました。9月の一か月間に豊島区内で公演を行う団体が参加し、一般公募で選出された100名の審査員の採点により大賞をはじめとするすべての賞を決定します。
豊島区が推進する「国際アート・カルチャー都市構想」の一環として、「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」を実現し、演劇・劇場文化のすそ野を広げるため開催される、地域に根差したユニークな演劇祭です。
公募により選ばれた100名の審査員は、1人につき事務局が指定する3~4本の指定演目を鑑賞し、1~10点で採点します。審査員には指定演目の他、任意の演目を無料もしくは割引で鑑賞できる券が配布され、また、選外となった応募者にも割引鑑賞券を配布し、より多くの方が演劇に親しむ機会を創出することを目指しています。


全受賞団体決定

一般公募で選出された100名の審査員の採点によりすべての賞を決定しました。(以下、得票順)

大賞 劇団東京ハイビーム「新『My Sweet Baby』」
作・演出:吉村ゆう
日程:2021年9月8日(水)~12日(日)
会場:シアターグリーン BASE THEATER

走り出したら止まれない! 代理母から生まれるわが子を見守る夫婦、 その隣人、友人たち、そして体内ベイビー! 郊外の一軒家を舞台にベイビー出産までをノンストップで描く、 ハートウォーミングコメディ!

【劇団東京ハイビーム】
作家・演出家:吉村ゆう主宰の劇団。第31回池袋演劇祭にて豊島区長賞受賞(2019年)。韓国・グミ東アジア演劇祭に日本代表として招聘(2017年)。韓国で13年ロングランを続けている、自殺をテーマにしたブラックコメディ「私を殺して・・・」を日本版に脚色してロングラン公演を敢行(2017年=4カ月、2019年=3カ月)。リピーターが続出し、観客動員数最多作品となる。
大賞受賞 劇団東京ハイビーム「新『My Sweet Baby』」舞台写真
◎大賞受賞団体は、翌年の池袋演劇祭の招待公演として、あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)で公演を行います(2022年8月末~9月初頭頃を予定)。

優秀賞 演劇集団・東京ストーリーテラー「咲きそこね、そして散りそびれ」
作・演出:久間勝彦
日程:2021年9月16日(木)~20日(月祝)
会場:シアターKASSAI
【演劇集団・東京ストーリーテラー】
2009年10月設立。起承転結のはっきりしたオリジナルストーリーにこだわった演劇ユニット。役者を舞台上の「語りべ」と位置づけ、分かり易くて心に沁みる舞台を信条として、旗揚げ以来、毎年、年2~3回のペースで公演を打っている。

優秀賞 カガミ想馬プロデュース「イリクラ2020-21~Iridescent Clouds~」
作:柴原麻里子 演出:カガミ想馬
日程:2021年9月29日(水)~10月3日(日)
会場:シアターグリーン BIG TREE THEATER
【カガミ想馬プロデュース】
俳優・石部雄一が演出・プロデューサーとして活動するための名前。カガミ想馬プロデュースは自身での公演を行う際のユニット名である。演出家カガミ想馬として、「名作を楽しもう」をコンセプトに数々の戯曲を演出。また、俳優育成の講師を行う傍ら、自身のメソッドを確立し、全国の大学・企業で「コミュニケーション能力育成」の講義を行い社会貢献を目指している。

豊島区長賞 ラビット番長「虹の人~アスアサ四ジ イヅ ジシンアル~」
会場:シアターグリーン BASE THEATER

舞台芸術振興会賞 劇団東俳「風に任せて」
会場:座プロローグ

みらい館大明賞 劇団ライオン・パーマ「歌姫・ネバーダイ!in deep」
会場:萬劇場

豊島区町会連合会会長賞 演劇ユニットちょもらんま「仰げば尊し」
会場:北池袋 新生館シアター

豊島区観光協会賞 劇団俳小「チーチコフ-死せる魂より-」
会場:萬劇場

豊島新聞社賞 劇団えのぐ「全部、真っ赤な嘘です。」
会場:萬劇場

としまテレビ賞 劇団宇宙キャンパス「野原ニ響ク約束ノ音」
会場:萬劇場

三浦大四郎記念賞 東京演劇アンサンブル「タージマハルの衛兵」
会場:シアターグリーン BOX in BOX THEATER

舞台芸術学院奨励賞(個人賞) 村上美緒(劇団うつろろ「クオリア」出演)
会場:北池袋 新生館シアター
※舞台芸術学院奨励賞は、舞台芸術学院の責により今後の活躍が期待される若手俳優1名を選出する個人賞です。

CM大会賞(順不同)
・Rising Tiptoe「ウィルス会議~人間ども篇」
・劇団東俳「風に任せて」
・劇団ライオン・パーマ「歌姫・ネバーダイ! in deep」

※CM大会賞は、8月23日から9月30日までの再生回数と審査員アンケートにより3作品を選出しました。各団体のCM映像は、池袋演劇祭YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC6rww01MxRBDhlALIYXwGiQ)からご覧いただけます。


第33回池袋演劇祭「演劇祭賞」表彰式

2021年10月30日(土)午後1時~2時
池袋演劇祭YouTubeチャンネルにてライブ配信します。(後日アーカイブ配信あり)
https://www.youtube.com/channel/UC6rww01MxRBDhlALIYXwGiQ


「第33回池袋演劇祭」開催概要

主催:池袋演劇祭実行委員会
後援:一般社団法人豊島区観光協会、東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協賛:株式会社サンシャインシティ、NPO法人いけぶくろ大明、豊島区町会連合会、
株式会社豊島新聞社、豊島ケーブルネットワーク株式会社
協力:東京商工会議所豊島支部、豊島区商店街連合会、池袋西口商店街連合会、池袋東口美観商店会
助成:令和3年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
東京芸術祭2021連携事業
開催期間:令和3年9月1日(水)~9月30日(木)
参加団体:全45団体(うち特別参加5団体、大賞受賞1団体)
公演会場:豊島区内15会場
*アトリエファンファーレ東池袋、池袋東口ゲキパ、北池袋新生館シアター、シアターKASSAI、シアターグリーン、としま区民センター小ホール、座プロローグ、小劇場てあとるらぽう、南大塚ホール、萬劇場、東京芸術劇場シアターイースト、東京芸術劇場シアターウエスト、あうるすぽっと


「池袋演劇祭」お問合せ

池袋演劇祭実行委員会事務局
TEL:03-3985-0960
MAIL:info@ikebukuroengekisai.jp
WEB:https://ikebukuroengekisai.jp/
twitter:池袋演劇祭*マイムちゃん(https://twitter.com/IKE_ENGEKISAI
Facebook:池袋演劇祭(https://www.facebook.com/IKEBUKUROENGEKISAI/

◎例年1月~4月頃に参加団体を、5月~6月頃に審査員を募集しています。
募集情報は、演劇祭HP、公式SNSほか、チラシ、広報としま、としま未来文化財団 財団情報誌mirai等に掲載いたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ