一般財団法人休暇村協会
~大自然の中、遊びも仕事もリゾートホテル休暇村で~

国立公園等自然豊かな環境に展開するリゾートホテル休暇村(本社:東京都台東区、理事長:河本利夫)は、ウィズコロナ、アフターコロナにおいて、時間や場所を柔軟に選択したフレキシブルなワークスタイルがこれまで以上に広がることを見据え、絶景を望む屋外ワーケーション「リゾワテラス」を全国8施設※1でオープンします。2021年10月11日、群馬県吾妻郡嬬恋村の上信越高原国立公園に位置する休暇村嬬恋鹿沢(支配人:小森克敬)で、「リゾワテラス 嬬恋鹿沢」が完成し、今後2022年2月までを目途に全8施設がオープンする予定です。


休暇村嬬恋鹿沢「リゾワテラス 嬬恋鹿沢」
◆「リゾワテラス」とは
絶景×リゾート×ワーク in休暇村
密回避やコロナ疲れからのリフレッシュという観点から、リゾート地でのワークは最適です。絶景を目の前に、より自然の音や風、空気を直接感じていただきたいという思いから、主に屋外でのワーキングスペースの設置を考え、そうして生まれたのが屋外ワークスペース「リゾワテラス」です。

◆「リゾワテラス」の環境
Wi-Fi環境が整っている休暇村ホテルに隣接するテラスや、この度新たに設置したデッキで展開します。各施設の「リゾワテラス」においては、ソーシャルディスタンスを考慮したデスク・イスを配備しており、安心安全にそして快適な環境が整っています。ワーク利用のお客様へはモバイル電源を無料レンタルしていただけます。
休暇村ホテル内の会議室なども活用いただけるので、分科会やミーティングでの利用も可能です。
この度「リゾワテラス」がオープンする7施設のうち、妙高・南伊豆を除く5施設は、キャンプ場が隣接しており、こちらでの宿泊も可能です。
<POINT>
●隣接する休暇村ホテル本館、キャンプ場との連動
●休暇村ホテル内会議室や客室は既にWi-fiを整備しているため、館内で仕事、「リゾワテラス」で気分転換や分科会ミーティングという利用も可能。
●休暇村ホテル本館ではコピー・FAXの使用可能。(有償)
客室でワーク
キャンプ場でワーク
複数名でミーティング

◆休暇村嬬恋鹿沢について
所在地:〒377-1695 群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢温泉
TEL:0279-98-0511 URL:https://www.qkamura.or.jp/kazawa/
群馬県南西部、標高1,400mの高原に建つ当ホテルは、周囲をカラマツや白樺、ミズナラに囲まれ、半径1,400mには民家や観光施設がない隠れ家的な温泉リゾートです。野草園、キャンプ場、レベルに応じたウォーキングコースなどがあり、四季折々の高原の自然を思う存分満喫できます。


ホテルから徒歩約1分の野草園
2016年に誕生した和洋室
歴史ある鹿沢温泉を引湯した雲井の湯
高原野菜からお肉迄充実のビュッフェ
キャンプ場の「こもれびデッキ」

◆「リゾワテラス 嬬恋鹿沢」の特徴
シラカバやミズナラに囲まれ、耳を澄ませば川のせせらぎが聴こえてくるロケーション。標高1,400mの嬬恋鹿沢ならではのワークスペースがロビー前のテラスに誕生しました。タマネギのようなフォルムのドーム型ハウスは屋外でも個室感覚で集中できます。Wi-Fi環境で、無料貸し出しの電源もご使用いただけます。 アクリルパーテーションの設置や、ご利用前後のスタッフによる清掃・消毒を徹底しており、安心安全にご利用いただけます。         

夜はしっとりした雰囲気が広がる
より集中できるタマネギ型の個室ドーム

~チェアリングワークも可能~
思い思いの場所にチェアを運べば、自分だけのワークスペースが誕生します。
森の静かな環境でリラックス

◆「リゾワテラス」オープン予定の8施設  ※1 2021年10月11日現在
2021年  9月16日 休暇村妙高(新潟県)
      10月 8日 休暇村裏磐梯(福島県)
      10月10日 休暇村蒜山高原(岡山県)
      10月11日 休暇村嬬恋鹿沢(群馬県)
      11月    休暇村瀬戸内東予(愛媛県)
             休暇村那須(栃木県)
      12月    休暇村指宿(鹿児島県)
2022年  1月    休暇村南伊豆(静岡県)

◆休暇村の安心安全対策
・ホテル入館時にサーマルカメラによる検温の実施とアルコール消毒の徹底
・ホテル館内各所に除菌アルコールの設置と、人の手が接触する箇所のこまめな消毒の実施
・ホテル館内にCO2濃度測定器を設置、定期的な換気の実施
・フロントやレジなどお客様と対面する箇所へのキャッシャーガードの設置
・レストランでの衝立(パーテーション)や飛沫防止ガードの設置
・お客様が大浴場の混雑状況が把握できるシステムの導入(導入中)
・レストラン、大浴場、チェックイン・アウトなど混雑が想定されるシーンの利用時間分散の取組み
・「リゾワテラス」利用の際もこまめな消毒と複数人利用時はマスク着用の徹底を実施。ソーシャルディスタンスを考慮した配置とし、デスク1台に対してイス2脚の場合にはパーテーションを設置し、飛沫防止対策を徹底する

休暇村公式サイト内 特集ページ
「新しい旅のスタイル‟ゼロ密 のリゾート“を目指した取組み」

https://www.qkamura.or.jp/campaign/zero/

◆自然にときめくリゾート 休暇村
日本の景色を代表する国立公園等豊かな環境に展開するリゾートホテル。35か所ある休暇村は、「自然にときめくリゾート」のコンセプトのもと、地元の食材を活かした料理や、地域の自然、文化、歴史とのふれあいプログラムなど、その土地ならではの魅力にふれる場を提供し、すべてのお客様に心が自然にときめくひとときをお届けします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ