有限会社コニファー企画
今ならテイクアウト商品6,480円以上の購入でフルボトルワインをプレゼント!

有限会社コニファー企画(代表:関口学、本社:東京都杉並区久我山3-24-22)は、本物のイタリア料理と文化を提供するため「トラットリア エ ピッツェリア コニファー」を、2014年4月に東京都杉並区久我山にオープンいたしました。 そのコニファーは肉料理が自慢です。その自慢の和牛を使ったハンバーガーやテイクアウト内容、キャンペーンをご紹介します。 和牛の旨味と肉肉しさが口の中いっぱいにひろがる幸せバーガーがテイクアウト限定で楽しめる! 今ならテイクアウト商品6,480円以上の購入で店内提供価格3,850円のフルボトルワインをプレゼントします。 我々飲食店のために小売りをしていないワインのインポーターの方々は、都内での売上はほぼゼロに近い状態だと思います。 そこでそんなインポーターの方々を支援するため始めました。


トラットリア エ ピッツェリア コニファー(杉並区久我山) 久我山駅徒歩1分

渋谷から12分、吉祥寺から2分の閑静な住宅街にある隠れ家のような一軒家レストラン。

コロナ禍でも負け知らずで営業できている秘密は2020年の4月から強化したテイクアウト事業(GOURMETALIAN)が日々進化してメニュー内容も充実しているから。

その中でも一番人気は、肉料理が自慢のコニファーだからできる『渾身の和牛100%チーズバーガー』です。



渾身の和牛100%チーズバーガー 1,188円


その日厳選した和牛を使った分厚いパティに
香ばしく甘く焼き上げた玉ねぎ、とろけるチェダーとの相性が抜群!
口の中いっぱいに和牛のジューシーさと肉肉しさがひろがるゴージャスバーガーがなんと1,188円で楽しめます!
毎日たくさんの和牛を仕入れているからこそできるこの贅沢さと価格が自慢です。



渾身のチキンバーガー 680円


さらに、渾身のフィレオフィッシュバーガー680円や渾身のチキンバーガー680円も信じられないくらいのボリュームでこの価格!



ヴェネツィア風おつまみのチケッティ 378円~

他にもチケッティ378円やローマ風子羊の串焼き648円、褐毛和牛の牛すじ煮込みカレー972円、2,000円くらいお得なグルメタリアンセット6,480円、もちろんイタリア料理店ならではのパスタやピザのメニューも充実しております。

今ならテイクアウト商品6,480円以上の購入で店内提供価格3,850円のフルボトルワインをプレゼントします。
我々飲食店のために小売りをしていないワインのインポーターの方々は、都内での売上はほぼゼロに近い状態だと思います。
そこでそんなインポーターの方々を支援するため始めました。




オシャレにお酒を楽しみたい、お腹いっぱいに食べたい、家族みんなの要望を叶えたい!そんなご要望にお応えします。

GOURMETALIAN
テイクアウトサイトはこちら↓
https://coniferrsv.base.shop/

イートインのランチも大人気!

・コロナ禍の農家さん支援大盛サラダ
・パスタorピザ
・デザート
・ドリンク

このセットで1,650円

そのほか、2,200円、3,300円のセットもご用意。880円のキッズセットも。


◆店舗名称   :トラットリア エ ピッツェリア コニファー
◆所在地    :〒168-0082 東京都杉並区久我山3-24-22
◆交通アクセス :京王井の頭線 久我山駅南口より徒歩1分
◆営業時間  昼 :11:30~14:30
夜:18:00~23:00
※現在は緊急事態宣言中のため夜は、17:00~20:00のテイクアウトのみの営業です。
◆電話番号  :03-3247-2530
◆HP     : http://www.trattoriaconifer.tokyo/
◆Instagram :https://www.instagram.com/trattoria_e_pizzeria_conifer/
◆Facebook  :https://www.facebook.com/rattoriaconifer.tokyo


※食材や産地、内容ならびに価格は変更する場合がございますので、事前にお問い合わください。
※写真はイメージで、実際と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

トラットリア エ ピッツェリア コニファーについて
有限会社コニファー企画は、創業者が1996年のカフェ営業を開始し、現在は二代目が事業継承しイタリア料理店を中心とした事業を展開しております。
『日本で正しいイタリア料理と文化を広めたい』『高品質な食材を使って正当な価格で提供したい』『様々な要望に応えた飲食店を創りたい』そんな想いで日々スタッフ一同楽しく営業をしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ