株式会社biscuit

渋谷区松涛文化ストリートに構える現代アートのコマーシャルギャラリーbiscuit gallery(渋谷区松濤)では、美術作家の多田恋一朗と那須佐和子による2人展「b⇔d」を開催致します。
会期は2021年8月19日(木)から8月29日(日)まで。
メインビジュアル 八木幣二郎



多田恋一朗は2016年に、那須佐和子は2021年に、同じく東京藝術大学美術学部油画を専攻し卒業した新進気鋭の美術作家です。


本展「b⇄d」は、二律背反するものが行き来する地点について語るものとなります。
絵画は、別世界への窓としての役割を今日まで受容されていますが、その構造は支持体と描画材つまり物質であるという事実に、画家たちは様々な解答を重ねてきました。

本展では、イメージの焦点がずれ、ぼやけまたは構造そのものが露わになることで、鑑賞者がいる位置への揺さぶりをかけるものとなります。絵画空間への没入とその不可能性について、どちらにも振り切らない地点から問いを投げかけます。


多田恋一朗《夏の陽》 2021年 パネル、麻布、白亜地、油絵具
那須佐和子《Yellow Landscape》2021年 oil on canvas
那須佐和子《Man in a Blue Shirt》2021年 oil on canvas

サブジェクトをはっきりとしたタッチで捉える多田の作品と、淡く優しいタッチで描く那須の作品。
相反する作風を持つふたりの作品が共に織りなす「b⇔d」の空間に、是非ご期待ください。

【アーティストプロフィール】

多田恋一朗 Koiichirou Tada

人間の表情への不信感より、一貫して喜怒哀楽のない空想の人物を描き続ける。現実と妄想を繋ぐことをテーマとし、制作を通して人間の本質を探る。代表作は《君について》シリーズ。

-略歴-
1992年東京都生まれ
2016年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2018年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻(技法材料研究室)修了

2021年
アートフェア東京2021出展
2020年
「『ハロー』ハロー」(TAKU SOMETANI GALLERY)
「恋、焦がれ、パルマコン」(六本木ヒルズ A/Dギャラリー)
2019年
「堂々巡りの夜のワルツ」(バンビナートギャラリー)
「曖昧な君へ」(NEHAN TOKYO)
グループ展「生きられた庭」(京都府立植物園)
グループ展「NEW EMOTION」(六本木ヒルズ A/Dギャラリー)
2018年
「ワールドラリー」(TAKU SOMETANI GALLERY)
2017年
牛窓・亜細亜藝術交流祭(瀬戸内市尻海地区/岡山)
2015年
「絵画・運動(ラフ次元)展」(DESK/okumura)


那須佐和子 Sawako Nasu

絵画の在りかをテーマに、風景画と人物画の制作に取り組んでいる。絵画空間を展示空間全体として作り上げるという独自のアプローチを試みる。演劇一家に生まれ育ち、絵画を研究している傍ら、学外では舞台美術家として活動。

-略歴-
1996年東京生まれ
2014年都立総合芸術高校美術学部油画専攻卒業
2021年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2021年同大学院油画第一研究室に所属

那須佐和子 Sawako Nasu

■開催概要

多田恋一朗×那須佐和子
「b⇔d」

会場:biscuit gallery 1階~3階
会期:2021年8月19日(木)~8月28日(日)
時間:13:00~19:00(土日:12:00~18:00)
主催:biscuit gallery
URL:https://biscuitgallery.com


※新型コロナウイルス感染予防ご協力のお願い
マスクの着用と、ギャラリー入り口にて手指のアルコール消毒をお願い致します。また、 入店時に非接触の体温計にて体温測定をお願いしております。


■会社概要
商号:株式会社biscuit
代表者:代表取締役 小林真比古(コバヤシマヒロ)
所在地:〒150−0046 東京都渋谷区松濤1−28−8 biscuitビル
事業内容:現代美術作品の展示企画、販売、マネジメント、コンサル、メディア運営など
資本金:800万円

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社biscuit
担当:小林
E-Mail:biscuitgallery@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ