公益財団法人東京都中小企業振興公社
「TOKYO創業ステーションTAMA」オープン1周年記念イベント(先着300名)

公益財団法人 東京都中小企業振興公社(本社:東京都千代田区、理事長:保坂 政彦)の設置する「TOKYO創業ステーションTAMA」では、学生起業をテーマにした「オープン1周年記念イベント」を7月5日(月)に開催することを決定いたしました。(本イベントは無料でご参加いただけます。)






開催の背景


東京都と(公財)東京都中小企業振興公社が連携して多摩地域に設置する「TOKYO創業ステーションTAMA」では、起業に興味がある方から、具体的に起業の準備を進めたい方まで、起業を目指す方を対象に、起業・創業に関する相談窓口やイベント・セミナーなど、様々な支援メニューを無料で提供しています。

「TOKYO創業ステーションTAMA」では2021年7月30日に1周年を迎えるのに先立ち、「オープン1周年記念イベント」を開催することを決定いたしました。50万部を超えるベストセラー『1分で話せ』の著者、伊藤羊一氏をお招きし、大学の多い多摩地域ならではの試みとして「学生起業」をテーマに、学生の皆さんからのコメントや意見を交えながら、自分らしく生きるための選択肢としての起業についてお伝えします。



対象

・起業に興味がある学生
・やりたいこと、やるべきことを見つけたい学生
・社会にイノベーションを起こしたいと考えている学生
・将来に不安を感じている学生
・起業に対してハードルの高さを感じている学生

※社会人経験者、セカンドキャリアの方など、学生でない方もご参加いただけます。
※東京都内で創業予定の方であれば、都外に在住されている方でもご参加いただけます。


概要

日時:2021/07/05 17:30~20:00(17:00開場)
場所 : オンライン(Zoom)
参加費:無料
定員:300名
申込締切:2021/07/05 09:00
主催者:Startup Hub Tokyo TAMA


イベント内容

【1】伊藤羊一氏 基調講演

【2】対談パート「学生から見た“起業”」
- 起業に学歴は必要か。
- 学生起業は本当に有利なのか。
- 起業をするための就職、就職するための起業についてどう思う?
- 社会に価値を提供する人間とは?価値とは?
など、実際に学生の方が感じている疑問をテーマに伊藤羊一氏と学生代表2名に、対談形式でお話いただきます。
モデレーターはNHKエグゼクティブ・ディレクターの片岡利文氏。
参加者の意見も伺いながら起業に関するちょっとした疑問やお悩みについても対談を繰り広げていただきます。

【3】インタラクティブレクチャー
オンライン参加型のレクチャータイムです。
伊藤羊一氏からアイディアの生み出し方をリアルタイムで学ぶことができます。

【4】質疑応答
学生の皆さんが疑問に感じていることや、登壇者に聞きたいことなどその場でお答えしていくコーナーです。
事前に質問も受け付けますのでお気軽にご質問ください。


タイムスケジュール

17:00 Zoom開場 ※Zoomウェビナーでの開催を予定しております。
17:30~17:35 イベント概要説明、TOKYO創業ステーション施設紹介
17:35~18:15 【1】伊藤羊一氏 基調講演
18:15~19:05 【2】伊藤羊一氏×学生代表2名による対談パート「学生から見た“起業”」
19:05~19:30 【3】インタラクティブレクチャー
19:30~19:55 【4】質疑応答
19:55~20:00 終了のご挨拶
20:00 イベント終了


登壇者





伊藤羊一(いとう よういち)氏
武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 学部長/Zホールディングス株式会社 Zアカデミア学長

東京大学経済学部卒、1990年日本興業銀行入行、企業金融、債券流動化、企業再生支援などに従事。
2003年プラスに転じ、ジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、マーケティング、事業再編・再生などを担当後、執行役員マーケティング本部長、ヴァイスプレジデントを歴任、経営と新規事業開発に携わる。
2015年4月ヤフーに転じ、現在Zアカデミア学長、Yahoo!アカデミア学長としてZホールディングス、ヤフーの次世代リーダー開発を行う。またウェイウェイ代表、グロービス経営大学院客員教授としてリーダー開発を行う。
若い世代のアントレプレナーシップ醸成のために2021年4月より武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)学部を開設、学部長に就任。
代表作「1分で話せ」は50万部を超えるベストセラーに。その他「0秒で動け」「1行書くだけ日記」「ブレイクセルフ」など。




片岡利文(かたおか としふみ)氏
NHKエグゼクティブ・ディレクター

1964年、大阪市生まれ。東京大学教育学部 教育心理学科卒業。
現在の所属部署は、制作局 第2制作ユニット クローズアップ現代+班。
長年、ドキュメンタリーディレクターとして、ものづくりや中国に関するNHKスペシャル・クローズアップ現代を制作。2012年に、NHK史上初のディレクター兼務の解説委員に就任、NHKスペシャル・シリーズ「メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ」、「ジャパンブランド」では制作に携わりながら、スタジオにも出演した。
一方で、取材者目線で書いたナレーションを自らの声で読む一人称目線のドキュメンタリーを追求、これまでソニー元会長の出井伸之氏、京セラ創業者の稲盛和夫氏といった経済人や大峰千日回峰行満行者・塩沼亮潤大阿闍梨、そして世界のAI・ロボット最前線などのテーマでそれを実現してきた。
去年はBS1スペシャル「シリーズ・コロナ危機」で3回に渡ってキャスターも務める。趣味は、模型制作、声楽。主な著作は、「常識破りのものづくり」(NHK出版 山田日登志氏と共著)。

<学生代表者>
板越太成さん(拓殖大学4年)
大和咲弥花さん(駒沢大学3年)


参加方法


(1)TOKYO創業ステーションにログインして、参加申込をします。
※定員になり次第締め切らせていただきます。
※初めての方はメンバー登録(無料)が必要です。
https://startup-station.jp/mypage/EAA0101?to_screen=EEB0101&start_mode=4&event_id=E000101058

(2)イベント当日の開始2時間前までに、参加用URLをメールにてご案内します。
イベント開始時間になりましたら、参加用URLをクリックして視聴してください。
※メールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認の上、事務局までご連絡ください。

イベントの詳細や、注意事項については下記URLよりご確認いただけます。
https://startup-station.jp/eventseminar/TAA0103?event_id=E000101058



お問い合わせ先


ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

(公財)東京都中小企業振興公社 事業戦略部 多摩創業支援課
TOKYO創業ステーションTAMA / Startup Hub Tokyo TAMA事務局
メール:info@startup-station.tokyo.jp
電話:042-518-9671
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ