max and son's coffee roaster

森の中にたたずむ隠れ家

森の中に広いスペースが。

広大なスペースに立つカフェ。テラスや窓辺の席に座ると、四季折々の花や紅葉を見ることも。居心地のよい店の評判は口コミで広がり、毎日足を運ぶ人が絶えない癒やしの空間だ。「うちは昔ながらの喫茶店」と店主の松本義一さんは話す。自家焙煎をしたり、コーヒーの自家栽培をしながら、松本さんは30年近く世界中を回った。その経験から、コーヒー豆にはとことんこだわり、独自の澄んだコーヒーをサーブする。

本日のサンドイッチセット11000円(サラダ・ドリンク付き)は自家栽培の野菜が入ることも(手前左)。本日のケーキセット850円(ドリンク付き)。*金額はいずれも税別
奥行を感じる眺め。
焙煎機と店主の松本さん。

『max and son's coffee roaster』店舗詳細

住所:千葉県船橋市金堀町578-1/営業時間:10:00~19:00/定休日:水/アクセス:新京成電鉄三咲駅から京成バス「セ02系統」9分の「豊富農協前」下車2分

Cafe 279

人と人の縁をつないでいくスペース

グルメマフィン1100円、フレーバーティー660円。食事もすべて原口さんの手作り。なかでもマフィンはおいしいと評判。

店名の「279」は「ツナグ」という意味。訪れる人との“縁”を大事にしている店主の原口康子さん。「近隣にカフェがなく、くつろげる場所をつくりたい」という思いで自宅をリノベーションして、2017年に開業した。高校生の娘を持つ母親でもある原口さんならではの経験を生かして、赤ちゃん連れから大人まで居心地のいい空間つくりを心がけている。ワークショップのイベントスペースとしても開放し、お茶を飲みながらハンドメイドを楽しむこともできる。

時間を気にせずくつろげる店内。
ご近所の方の手伝いがあって完成したガーデニングスペース。

『Cafe 279』店舗詳細

住所:千葉県船橋市前原西4-29-1/営業時間:11:00~16:00/定休日:土・日・月・祝/アクセス:JR総武線津田沼駅から徒歩15 分

トレーラーcafe 銀色

アメリカントレーラーが目印

ディスプレイされた小物もアンティークテイスト。

レトロなトレーラーはオーナーが船で輸送してきたもので、現役で使用していたときのまま残された部分が多く、アンティークや乗り物ファンにはたまらない空間。トレーラーの横はオープンデッキ、それを囲む庭にテーブルと椅子が置かれ、好きな場所をセレクトできる。「子供や犬連れのお客様が多い」という店長の岡さん。7~8割は地元で採れる野菜中心のメニューとなっている。

ランチプレートドリンクセット1100円~。コーヒーのみならず、ハーブティーの種類も豊富。
敷地内にフォトスタジオを併設。スタジオとコラボしたイベントも。

『トレーラーcafe 銀色』店舗詳細

住所:千葉県船橋市坪井町744-8/営業時間:11:00~16:00 /定休日:月・火/アクセス:東葉高速鉄道船橋日大前駅から徒歩8分

構成=フラップネクスト 取材・文=深山晴代 撮影=猪俣慎吾