大槻

ありそうでないつまみを体感「あ~旨いねってシンプルに感じてほしい」

濃厚ではなくさらりとした味わいに仕上げた四川麻婆豆腐980円は、爽快な辛さが際立つ一品。やさしいタッチの「天穏」850円(正一合)の燗酒とともに、ずっと飲み続けられる組み合わせ。

「天穏」のにごり燗に合わせてくれたのが、意外にも麻婆豆腐。でも、試して納得。コチュジャンや石臼でひいたという山椒の爽やかな後引く辛みを、酒のやわやわした甘みがそっとくるむ。パンチのある強さとやさしさの絶妙なコントラストは、斬新なのにホッと安心する相性だった。「麻婆豆腐はライスに合うので、にごり酒も同じ感覚です(笑)。日本酒は、小手先でこねくり回した料理よりも、シンプルなおいしさがあるつまみが合うし落ち着きます」と店主の大槻俊也さん。ありそうでなかった〝麻婆ライス酒〞、きっとハマってしまいますよ。

店主の大槻さん。

『大槻』店舗詳細

大槻(おおつき)
住所:武蔵野市吉祥寺北1-10-22/営業時間:18:00~24:00LO/定休日:月・火/アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩7分

ラコタ

甘みと辛味の相乗効果?

仕込中の1枚

「タイ料理と日本酒は合うって、ずっと思ってたんです」。料理長の池田香奈子さんはうれしそうに語る。「民宿とおの どぶろく水もと仕込」は、天然の乳酸菌と住み着き酵母で醸造。シュワッと拡散するほのかな酸味や甘みと、インパクトの強いタイ料理の辛味が寄せては返す、その応酬が癖になる。ぜひとも、ナンプラーやナッツ、干しエビなどの材料をひとつの鉢に入れ、潰しながら和えたりんごのソムタムと一緒にどうぞ。

りんごのソムタム650円には『民宿とおの』の、どぶ酢を使用。

『ラコタ』店舗詳細

ラコタ
住所:武蔵野市吉祥寺本町1-22-10寿々木ビル1F/営業時間:17:30~翌2:00LO(日・火は~ 23:00LO)/定休日:不定/アクセス:JR 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩3分

日本酒庵 吟の杜

フレッシュな生酒をフィーチャー

常時約50~80種を用意!

2014年2月に登場。店主・中川一彦さんは日本酒好きが高じ、「日本酒が盛り上がっている地がいい」と吉祥寺に店を構えた。日本酒は日ごとのおすすめ25種をラインナップ。常時約50~80種を用意し、希望すれば未開封の瓶を口開けしてもらうこともできる。扱う8割がフレッシュな味が特徴の生酒なのは、あまり酒に強くなかった中川さん自身が「おいしく飲めた」から。「初挑戦の方におすすめできるものを取り揃えています!」。

「風の森」「町田酒造」「鍋島」。
鮮魚と〆ものを組み合わせた刺し身は8種盛1人前1320円、写真は2人前。

『日本酒庵 吟の杜』店舗詳細

日本酒庵 吟の杜(にほんしゅあんぎんのもり)
住所:武蔵野市吉祥寺本町1-8-14 六鳴館B1/営業時間:11:30~ 14:00LO・17:00~ 23:30LO/定休日:無/アクセス:JR 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩3分

にほん酒や

ゆるゆる心地よいお燗の妙

猪のモモ肉のソテー手製ウスターソースかけ1900円。添えた赤玉ネギのアチャールと相性、絶妙! サワラ酢締めの炙りなど、刺し身3種盛り1300円。日本酒750円(150ml)~。

冬のみならず、通年で主に燗酒を供する。「お燗だと次の日の体が楽ですし、温かい料理にもよく合う。なにより気持ちよく飲めて、お風呂に入ってるみたいにほどける、と表現する人もいます」。銘柄は、店主・高谷謙一さんがこれと決めた5種。無濾過、かつ熟成したものが多く、燗を付けたときの味わいの開き方が見事。スパイスを巧みに使った一品や熟成で旨味を引き出した刺し身、猟師から届くジビエなど、技ありの料理にも膝を打つ。

オープンキッチンの店内。

『にほん酒や』店舗詳細

にほん酒や
住所:武蔵野市吉祥寺本町2-7-13 レディーバードビル1F/営業時間:17:00(土・日・祝13時)~23:00LO/定休日:木/アクセス:JR 中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩6分

(クレジット)
取材・文=沼由美子、山内聖子、信藤舞子 構成=前田真紀 撮影=井原淳一、オカダタカオ、山出高士

紹介スポットをマップで見る