築地スパイス食堂 かぶと

マグロの旨みが効いたスパイスカレーラーメン

マグロマサラカリー1020円。

「かぶと」とはマグロの頭の部分のこと。インド料理研究家の渡辺玲さんに師事した店主・吉岡さんが本格的な南インドのカレーとマグロの旨みを融合させた。このカレーの原点は、かつての築地魚市場にある。高級寿司店のマグロを扱う『まぐろ藤田』の店内に、スパイスや鍋を持ち込み、まぐろのカレーを作って市場関係者にふるまったことが始まりだ。そこで好評を得たレシピに、改良を重ねて作り上げたカレーがラーメンでも食べられる。

店主の吉岡さん。

『築地スパイス食堂 かぶと』店舗詳細

三鷹 大勝軒

何度でも食べたくなる煮干しだしのラーメン

中華麺(並盛り)820円。

『永福町 大勝軒』の暖簾分け店。本店では、煮干しでダシをとったしょうゆラーメンを、2玉から提供しているが『三鷹 大勝軒』では並盛り(1玉 140g)から提供。小腹が空いた時に、飲んだ帰りに1人でじっくり楽しみめる。厳選したイワシ煮干しや、トンコツ、野菜からダシをとり、季節に合わせて柚子の表皮を加えるなど微妙に調整している。手間暇かけた味が美味しく優しい。飽きのこない、何度でも通いたくなる一軒だ。

雑居ビルの一角にある。
ぎょうざ6個480円。

『三鷹 大勝軒』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺1-31-3 みそのビル1F/営業時間:11:00〜15:00・17:00〜22:00(日・祝のみ〜21:00)/定休日:月/アクセス:JR・井の頭線吉祥寺駅から徒歩3分

九州らーめん 祥

吉祥寺サンロード商店街にある博多ラーメン店

チャーシュー3枚に豚の角煮、黄身がトロトロの味玉が入った金祥ラーメン920円。

吉祥寺のメインストリート、サンロード商店街にあって、いつも賑わうラーメン店。極細麺の博多ラーメンは690円から用意。生にんにくや紅しょうが、辛し高菜など7種類のトッピングを無料で追加できる。スープに使う豚骨は丁寧に下処理した後、高温で炊き上げているので、臭みがない。博多ラーメン特有の匂いが苦手な人にもおすすめだ。10時30分から休憩時間を挟まず、深夜3時まで空いている。

黄色い暖簾が目印。
卓上の小瓶に入った調味料や具をトッピングして自分好みの味にアレンジ。

『九州らーめん 祥』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-1/営業時間:10:30〜翌3:00/定休日:無/アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩2分

取材・文・撮影・構成=新井鏡子