百貨店開業当初から、地域に寄りそう『紀伊國屋書店 吉祥寺東急店』

レジ横の棚。『文藝春秋』や健康関連の本などが並ぶ。新聞広告の切り抜きを持って来店するお客さんも多い。
レジ横の棚。『文藝春秋』や健康関連の本などが並ぶ。新聞広告の切り抜きを持って来店するお客さんも多い。

東急百貨店内にあって、低めの棚で通路が広く、ゆったりと本を選ぶことができる。特に力を入れているのは児童書で、ロングセラーから最近の人気の絵本までが揃う。そのつながりで小学校受験の参考書も充実するなど、子育て世代のニーズに応えている。レジ横には、とくに問い合わせが多い雑誌やNHKのテキストが集められたコーナーがあり、客層を熟知した細かい気づかいが伝わってくる。

にぎやかな絵本コーナー。長く売れているのは『ぐりとぐら』。世代を超える名作だ。
にぎやかな絵本コーナー。長く売れているのは『ぐりとぐら』。世代を超える名作だ。
店長代理 小松篤史さん。吉祥寺東急店に約20年勤務。おすすめは『クララとお日さま』。
店長代理 小松篤史さん。吉祥寺東急店に約20年勤務。おすすめは『クララとお日さま』。

『紀伊國屋書店 吉祥寺東急店』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店8F/営業時間:10:00~19:00/定休日:不定/アクセス:JR中央線・京王電鉄井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分

通りすがりに立ち寄って「今」を知る『ブックファースト アトレ吉祥寺店』

駅ビルにあるためか、文庫や雑誌など気軽に買えるものが売れ筋。
駅ビルにあるためか、文庫や雑誌など気軽に買えるものが売れ筋。

駅ビルの通路に沿う細長いつくりで、通勤通学や買いもの帰りに気軽に立ち寄る人でにぎわっている。通路寄りの平台には奥の棚に並ぶジャンルから厳選したラインナップが置かれていたり、おすすめポイントを書いたポップを立てたりと、本を探しやすくする工夫が光る。スタッフは巷で話題になっている本を、いち早く並べるために広くアンテナを張っていて、旬の売り場が日々更新されている。

文庫棚の通路寄りの平台。階段状に本が積まれていて、見やすくなっている。スタッフによる手書きポップも熱い。
文庫棚の通路寄りの平台。階段状に本が積まれていて、見やすくなっている。スタッフによる手書きポップも熱い。
売り場担当おすすめは、映像化された『正体』、ハードボイルド作品『宿命』。
売り場担当おすすめは、映像化された『正体』、ハードボイルド作品『宿命』。

『ブックファースト アトレ吉祥寺店』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺2F/営業時間:10:00~21:00/定休日:無/アクセス:JR中央線・京王電鉄井の頭線吉祥寺駅から徒歩1分

思いがけない出合いがある、地域随一の品揃え『ジュンク堂書店 吉祥寺店』

2022年6月に店内を改装。
2022年6月に店内を改装。

実用書から学術書、入門書から専門書まで、圧巻の品揃えで知識欲を満たしてくれる。扱う冊数が多いため、目的の本を見つけやすくするためにスタッフは試行錯誤を繰り返していて、ジャンル、著者名、テーマなどを横断する本の並びが楽しい。何かを始めようとする欲求を後押ししてくれる、頼もしい存在だ。

人文書担当 梅田昌伸さん。イチオシはサンロードの謎を解明『中央線がなかったら』です。
人文書担当 梅田昌伸さん。イチオシはサンロードの謎を解明『中央線がなかったら』です。

『ジュンク堂書店 吉祥寺店』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺B館6・7階 
/営業時間:10:00~21:00/定休日:無(コピス吉祥寺に準ずる)/アクセス:JR中央線・京王電鉄井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分

取材・文=屋敷直子 撮影=鈴木愛子