生活に根付いた街の古本屋さん『古本のんき』

店主の西村美香さん。絵本はこれから力を入れて揃えていきたい、とのこと。「文庫は岩波、ちくまなど良いものを揃えています!」。
店主の西村美香さん。絵本はこれから力を入れて揃えていきたい、とのこと。「文庫は岩波、ちくまなど良いものを揃えています!」。

店主の西村美香さんは、新刊書店と古書店で働いたのち、2021年3月に自分の店を開いた。入り口付近には漫画、暮らしの本、絵本、文庫と親しみやすいジャンルが並び、奥の棚に文芸、歴史、哲学と続く。「いろいろな分野の入り口になるような、興味をもつきっかけになる本を置きたい」と話す。木の本棚は近所の材木店から材料を買って自作。一から立ち上げた店を、こつこつ育てる日々だ。

レジの後ろには希少な本もあり。
レジの後ろには希少な本もあり。
店主の好みで揃える相撲関連の本。
店主の好みで揃える相撲関連の本。
店のロゴは、グラフィックの本を参考に自身でレタリングした。店名と書体の雰囲気が合っている。
店のロゴは、グラフィックの本を参考に自身でレタリングした。店名と書体の雰囲気が合っている。

『古本のんき』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-6/営業時間:12:00~20:00/定休日:火(臨時あり)/アクセス:JR中央線・京王電鉄井の頭線吉祥寺駅から徒歩3分

店主とお客さんの「対話」で棚ができていく『古書防破堤』

2020年1月にオープン。お客さんからの買い取り内容によって日々ラインナップは変化する。
2020年1月にオープン。お客さんからの買い取り内容によって日々ラインナップは変化する。

中道通りから路地に入った2階。読書家の部屋のようで集中して本を選ぶことができる。哲学や思想などの人文書、音楽、映画が充実しているのは「自分の趣味」と店主の堤さん。「何かを知りたいと思ったときに助けになるのが文学や思想だった」と話し、年代順や作家順など、ジャンルによって探しやすいように本を並べている。棚のつくりに呼応して買い取りも増え、より豊かな棚が生まれている。

CDやDVDも扱っている。
CDやDVDも扱っている。
音楽や映画関連の新刊も一部あり。
音楽や映画関連の新刊も一部あり。
店主の堤雄一さん。かつては大阪で新刊書店を経営していた。のちに上京。「店名は防波堤ではなく防『破』堤 です」。
店主の堤雄一さん。かつては大阪で新刊書店を経営していた。のちに上京。「店名は防波堤ではなく防『破』堤 です」。

『古書防破堤』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-25-7 中山ビル201/営業時間:12:00~20:00/定休日:木/アクセス:JR中央線・京王電鉄井の頭線吉祥寺駅から徒歩6分

唯一無二の空間で世界中の絵本を堪能『MAIN TENT』

冨樫さんは「楽しいだけじゃなく、サーカスがもつ哀しみも忘れずにいたい」と話す。「店内の隠れたしかけや住人たちを探してみてね」。
冨樫さんは「楽しいだけじゃなく、サーカスがもつ哀しみも忘れずにいたい」と話す。「店内の隠れたしかけや住人たちを探してみてね」。

店主の冨樫チトさんはダンサーでもある。演出も手がけ、舞台セットをつくっていたが「公演が終わると壊してしまうことが寂しく、つくり続けられる場所が欲しかった」という。自ら設計を手がけた店内はサーカスのような祝祭感があり、随所に遊び心が光る。幼少期に絵本に囲まれて育った経験から、当時おもしろかった感覚を忘れずに本を選ぶ。国内だけでなく、東欧など世界の絵本も数多い。

一段高くなったレジの下部にはポストがあり、会計時に子供が本を出し入れする。
一段高くなったレジの下部にはポストがあり、会計時に子供が本を出し入れする。
店主と妹さんが描いた絵が壁面を飾る。
店主と妹さんが描いた絵が壁面を飾る。
入り口から祝祭感。
入り口から祝祭感。

『MAIN TENT』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-3 フェリオ吉祥寺102/営業時間:10:30~17:00(土は~17:30、日・祝は~18:00)/定休日:水/アクセス:JR中央線・京王電鉄井の頭線吉祥寺駅から徒歩6分

新旧の絵本と世界各地の雑貨が並ぶ『あぷりこっとつりー』

中央の3つの島は新刊コーナー。壁沿いの棚には、チェコなど東欧の絵本が並ぶ。
中央の3つの島は新刊コーナー。壁沿いの棚には、チェコなど東欧の絵本が並ぶ。

原宿から移転して中道通り沿いに開店したのは、2021年2月。子供を連れたお母さんから、80代の方まで、幅広いお客さんが来店するようになった。店主の藤原さん夫妻が、外国旅行の際に買い集めてきた絵本や雑貨が並び、新刊の絵本も扱う。目指すのは「自分が子供のころに商店街にあった駄菓子屋さんのような、毎回新しい発見がある、冒険できる店」。絵本は、いつの時代も思い出をつないでいく。

ドイツのクリスマス市で購入したもの。
ドイツのクリスマス市で購入したもの。
新刊の絵本は、ゆるやかにジャンル分けされている。
新刊の絵本は、ゆるやかにジャンル分けされている。
藤原さん夫妻。ふたりで外国を旅するのが趣味。「買い取りも受け付けているのでぜひどうぞ」。
藤原さん夫妻。ふたりで外国を旅するのが趣味。「買い取りも受け付けているのでぜひどうぞ」。

『あぷりこっとつりー』店舗詳細

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-6-2 秋元ビル101/営業時間:11:00~18:00(金は14:00~)/定休日:月・火/アクセス:JR中央線・京王電鉄井の頭線吉祥寺駅から徒歩7分

取材・文=屋敷直子 撮影=鈴木愛子