その日仕入れた鮮度抜群のもつ焼きを味わえる!『スタミナ串焼き 仲垣』。

店長の小川裕之さん。真剣な表情で、一串一串焼き上げていく。
店長の小川裕之さん。真剣な表情で、一串一串焼き上げていく。

「芝浦の市場で仕入れた新鮮なモツを、その日中に食べてもらいたい」という語る店主は、毎日市場で朝締め豚の内臓肉を仕入れるほど鮮度にはこだわる。メニューは、豚をメインに鶏や牛など25種類ほど揃うもつ焼きや一品料理など。どれも素材本来の味わいを活かすため、手を加え過ぎずシンプルに仕上げられている。専門店がコンセプトというだけあって、1人でも気兼ねなくおいしいもつ焼きをサクッと味わいに来られる、居心地の良い店だ。

焼きもの盛り合わせ5本1280円〜ともつ煮込み580円に、天然水モルツ生630円を合わせて。
焼きもの盛り合わせ5本1280円〜ともつ煮込み580円に、天然水モルツ生630円を合わせて。

『スタミナ串焼き 仲垣』店舗詳細

住所:東京都品川区上大崎2-14-3 三笠ビル2F/営業時間:17:00~23:00LO/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩2分

酒好きが集う、アットホームな大衆居酒屋『日本酒ほろよい党 目黒』

店名が書かれたのれんに電球の灯りが、大衆的な雰囲気を演出している。
店名が書かれたのれんに電球の灯りが、大衆的な雰囲気を演出している。

9坪というこぢんまりとした寛げる雰囲気の店内には、20〜60代までの幅広い年代の客が集う。お客さん同士の距離が近く、アットホームな雰囲気がウリで、「酒飲みのための大衆居酒屋」がお店のコンセプトだ。1合420円〜という、かなりリーズナブルな価格で楽しめる日本酒が常時16種のほか、和食店で修業したという店長・小野塚さんがつくる、日本酒のアテが30品ほど。大衆居酒屋というだけあって、どれも気軽にオーダーできるお手頃価格で、ついつい通ってしまいたくなる店だ。

豊洲市場仲卸が目利きした魚を仕入れて作った本日のお刺身3種盛り680円に、日本酒AKABU1合 850円。
豊洲市場仲卸が目利きした魚を仕入れて作った本日のお刺身3種盛り680円に、日本酒AKABU1合 850円。

『日本酒ほろよい党 目黒』店舗詳細

住所:東京都品川区上大崎2-13-45 グリーンビュー白金1F/営業時間:18:00〜0:30LO(お客さんがいる場合02:00LO)/定休日:土・日・祝(土・祝は不定期で営業)/アクセス:JR・私鉄・地下鉄目黒駅から徒歩2分

100種以上揃う日本酒から、自分好みの銘柄を探せる! 日本酒バル『目黒 いと。』

入手がなかなか難しいと言われる、十四代や而今(じこん)などの銘柄も揃う。
入手がなかなか難しいと言われる、十四代や而今(じこん)などの銘柄も揃う。

“地域密着型の毎日通えるような店”をコンセプトに、2014年12月目黒にオープンした『目黒 いと。』は、それぞれ違う個性をもつ系列店の日本酒バル『目黒 いと をかし。』と『目黒 いと スタンド』、合わせて3店舗を同じ目黒駅西口で運営している。
「今まで知らなかったような銘柄も飲んでみて、日本酒の奥深さを感じてもらえれば」という店長・服部さんの思いから、100種以上揃う日本酒は週に20〜30本ずつ銘柄を入れ替えている。ひと手間加えたほっと落ち着くような和食ベースの料理との相性も抜群で、まさに毎日飽きずに通えるような店なのだ。

右奥から、大山鶏のカラアゲ1320円、いとのなめろう1050円、ポテトサラダとレバーパテの相盛720円。日本酒産土(うぶすな)750円(100g)を合わせて。
右奥から、大山鶏のカラアゲ1320円、いとのなめろう1050円、ポテトサラダとレバーパテの相盛720円。日本酒産土(うぶすな)750円(100g)を合わせて。

『目黒 いと。』店舗詳細

住所:東京都品川区上大崎2-25-12 みすずビル3F/営業時間:18:00〜翌2:00LO/定休日:月/アクセス:JR山手線目黒駅から徒歩3分

構成=フリート 取材・文・撮影=YUKI