テーブルをさりげなく彩る陶磁器『POTPURRI』[清澄白河]

店の立ち上げ前からブランドを支える濱野泰吉さんと、スタッフの海老真理さん。内装は、デザインスタジオ『HAJIKAMI』が手がけた。
店の立ち上げ前からブランドを支える濱野泰吉さんと、スタッフの海老真理さん。内装は、デザインスタジオ『HAJIKAMI』が手がけた。

岐阜県瑞浪市の窯元に約9年間勤めた岡見宏之さんによる同名ブランドの直営店。デザインから制作まで自社で行っており、岐阜や東京の工房で焼き上げている。色使いや形、質感はシリーズによってさまざまで、北欧的なものもあれば日本的なものも。「POTPURRI」ブランドの器のほか、小池葉月さんによるイラスト雑貨、多治見市で生産している姉妹ブランド「masamura craft」の器なども取り揃える。

「波」という意味の「Våg(ヴォーグ)」シリーズは曲線が美しい。
「波」という意味の「Våg(ヴォーグ)」シリーズは曲線が美しい。
手前のカップやプレートは、日本の文様刻印技法「印花」を取り入れた「Stamp(スタンプ)」シリーズ。
手前のカップやプレートは、日本の文様刻印技法「印花」を取り入れた「Stamp(スタンプ)」シリーズ。
緑のタイルは自社工房で焼いたもの。「織部」という伝統色だ。
緑のタイルは自社工房で焼いたもの。「織部」という伝統色だ。
POTPURRI Frost プレート1650円~。マットな質感が不思議な印象。内側はよく見ると白ではなく薄いグレーやピンク。
POTPURRI Frost プレート1650円~。マットな質感が不思議な印象。内側はよく見ると白ではなく薄いグレーやピンク。
POTPURRI Våg コーヒーカップ1650円・プレート1100円~。カップとソーサーはあえて別の色で組み合わせても。カップの持ち手は大きく握りやすい。
POTPURRI Våg コーヒーカップ1650円・プレート1100円~。カップとソーサーはあえて別の色で組み合わせても。カップの持ち手は大きく握りやすい。

『POTPURRI』店舗詳細

住所:東京都江東区白河2-1-2/営業時間:11:00~12:30・13:30~19:00(土・日・祝は通し営業)/定休日:月/アクセス:地下鉄半蔵門線・大江戸線清澄白河駅から徒歩2分

日常が楽しくなる作家アイテム『ondo STAY&EXHIBITION』[清澄白河]

松木さんを中央に、左からスタッフの小林和佳さん、石渡陽奈さん。
松木さんを中央に、左からスタッフの小林和佳さん、石渡陽奈さん。

大阪と東京を拠点に活動するデザイン会社が運営するギャラリー兼ショップ。絵を中心とした展示、自社で制作した作家とのコラボアイテムやセレクト商品の販売を行っている。「ポストカード1枚からでも、気軽に絵や作家さんの作品を日常に取り入れてもらいたい」とギャラリーマネジャーの松木カオリさん。気負わず手軽に購入できるような小冊子や生活雑貨も多数あり。

自社制作の作品集は、作家それぞれの個性に合わせてデザインしている。
自社制作の作品集は、作家それぞれの個性に合わせてデザインしている。
古民家を改装したギャラリー兼販売スペースはほっとする空間。
古民家を改装したギャラリー兼販売スペースはほっとする空間。
COQ textile 靴下 みずたまりの散歩道2640円。北海道のテキスタイルデザイナーによるシースルーの靴下は、サンダルと合わせても。
COQ textile 靴下 みずたまりの散歩道2640円。北海道のテキスタイルデザイナーによるシースルーの靴下は、サンダルと合わせても。
「森優/てぬぐい」1430円。心地よい浮遊感のある絵が素敵な森優さん手ぬぐい。鮮やかなオレンジと、爽やかな水色の2色展開。
「森優/てぬぐい」1430円。心地よい浮遊感のある絵が素敵な森優さん手ぬぐい。鮮やかなオレンジと、爽やかな水色の2色展開。

『ondo STAY&EXHIBITION』店舗詳細

住所:東京都江東区清澄2-6-12/営業時間:12:00~19:00/定休日:展示会期に準じて休/アクセス:地下鉄半蔵門線・大江戸線清澄白河駅から徒歩3分

ちょっと特別な日本のいいものを『WOLK』[清澄白河]

豊村さんの後ろには、鎌倉の喜利具(きりぐ)さんによる山葡萄かご、漆芸家・本間健司さんの漆椀などが並ぶ。
豊村さんの後ろには、鎌倉の喜利具(きりぐ)さんによる山葡萄かご、漆芸家・本間健司さんの漆椀などが並ぶ。

昔から各地の雑貨店を巡るのが趣味だったという無類の雑貨好きの店主・豊村昭子さんが営む。「手が届くいいものを提供したい」と、店内には、豊村さんが作家に直接コンタクトを取り、時には工房へ赴いて仕入れたという品々が整然と並び、店全体にどこか凛(りん)とした雰囲気が漂っている。「まずは自分の足元から」との思いで、日本の作家が日本の素材で作った品を多く取り扱っている。

一カ所にたくさん商品を置くと豊村さん曰く「目がすべる」ため余裕ある配置に。
一カ所にたくさん商品を置くと豊村さん曰く「目がすべる」ため余裕ある配置に。
宮島工芸製作所の新型杓子ほか。
宮島工芸製作所の新型杓子ほか。
遠藤マサヒロ コーヒーミル1万6500円。茅ケ崎を拠点に活動する木工作家・遠藤マサヒロさんの作。茶筒のような形が新しい。
遠藤マサヒロ コーヒーミル1万6500円。茅ケ崎を拠点に活動する木工作家・遠藤マサヒロさんの作。茶筒のような形が新しい。
寺村光輔 深小鉢2530円。栃木県益子町で作陶する寺村光輔さんによる器。茶碗やスープ碗など使い方はさまざま。
寺村光輔 深小鉢2530円。栃木県益子町で作陶する寺村光輔さんによる器。茶碗やスープ碗など使い方はさまざま。

『WOLK』店舗詳細

住所:東京都江東区常盤2-14-9/営業時間:12:00~18:00/定休日:火(月も休の場合あり)/アクセス:地下鉄半蔵門線・大江戸線清澄白河駅から徒歩3分

サステナブルでハイセンスな革雑貨『MAKOO』[清澄白河]

「CO₂削減のためリサイクルレザーは一度に大量発注するなど、サステナブルな物作りを追求している」と壽さん。
「CO₂削減のためリサイクルレザーは一度に大量発注するなど、サステナブルな物作りを追求している」と壽さん。

紙のようにも見える素材の正体は「リサイクルレザー」。軽くて洗うこともできるというから驚きだ。手がけるのは、10代から欧米に渡り、帰国後はファッション業界に身を置いてきた壽(ことぶき)真琴さん。廃材で作品を作るストリートアーティストの影響を受け、2006年から“3R”に結びつく物作りをスタート。牛革の端材を粉砕し天然ゴムを混ぜ、新たな制品に。本来ゴミとなるものに価値を与えた。

制品はどれもデザイン性が高く、老若男女が使える。
制品はどれもデザイン性が高く、老若男女が使える。
内と外がつながっているようなスタジオ兼店舗。
内と外がつながっているようなスタジオ兼店舗。
Pet bottle case 500 1870円。マイボトルやペットボトルを入れて持ち歩けるホルダー。通勤やアウトドアシーンに。
Pet bottle case 500 1870円。マイボトルやペットボトルを入れて持ち歩けるホルダー。通勤やアウトドアシーンに。
Roll bag2万4200円。洗える素材だから多少雨に濡れても大丈夫。スマートフォンは防水ポケットにどうぞ。
Roll bag2万4200円。洗える素材だから多少雨に濡れても大丈夫。スマートフォンは防水ポケットにどうぞ。

『MAKOO』店舗詳細

住所:東京都江東区平野1-4-12 TAKAHIBLDG 1F/営業時間:12:00~19:00/定休日:不定/アクセス:地下鉄半蔵門線・大江戸線清澄白河駅から徒歩6分

取材・文=南雲恵里香(風来堂) 撮影=丸毛透