日常づかいのロースタリー『Gumtree Coffee Roaster』[門前仲町]

アイスコーヒー450円、バナナブレッド280円、ブルーベリーエクスプロージョンマフィン280円。
アイスコーヒー450円、バナナブレッド280円、ブルーベリーエクスプロージョンマフィン280円。

永代橋東詰めからすぐの場所で、近隣に住む人や散歩途中の人が立ち寄る。「コンセプトは“日常”で、すべてが普通なんです」と店長の大木さんは話すが、豆の説明が簡潔にして的を射ていて、気軽に相談にも乗ってくれる。しっとりとした生地のバナナブレッドや、その名のとおりブルーベリーがたっぷり入ったブルーベリーエクスプロージョンマフィンなど、コーヒーのお伴も心安らぐおいしさだ。

豆売りも可。バランスを極めたガムツリーブレンド100g690円など。
豆売りも可。バランスを極めたガムツリーブレンド100g690円など。
店内の一角には焙煎機が。
店内の一角には焙煎機が。

『Gumtree Coffee Roaster』店舗詳細

住所:東京都江東区佐賀1-6-1/営業時間:11:00~19:00(土・日は~18:00)/定休日:火/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩10分

身近なお国の豆を味わい、アジア旅行気分『BAKU Coffee Roasters』[門前仲町]

ドリップコーヒー450円(価格変動あり)、ビターなカラメルがポイントの自家製のプリン300円。
ドリップコーヒー450円(価格変動あり)、ビターなカラメルがポイントの自家製のプリン300円。

町工場のようなガレージのような武骨な内装と大切に育てられる植物たち。店主・岡村澄さんの人柄がにじみ出ているような店は、入れば不思議な心地よさ。ドリンクメニューはドリップコーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、マキアートの4つだけと潔い。アジアの豆を常時6、7種そろえ、いずれの飲み方にも対応する。「日常づかいのコーヒー屋ですからね。味の好みをお聞きして気分で選んでもらうほうが気楽かなって思うんです」。

ドリップする岡村さん。サーバーには清澄白河『リカシツ』の理化学ビーカーを使う。
ドリップする岡村さん。サーバーには清澄白河『リカシツ』の理化学ビーカーを使う。
天井高4.4mの圧迫感のない店内。30年以上前に作られたフジローヤルの焙煎機を細部まで補修し使う。
天井高4.4mの圧迫感のない店内。30年以上前に作られたフジローヤルの焙煎機を細部まで補修し使う。

『BAKU Coffee Roasters』店舗詳細

住所:東京都江東区富岡1-21-11/営業時間:10:00~19:00/定休日:水/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩5分

理化学器具とコーヒーの楽しい組み合わせ『理科室蒸留所』[清澄白河]

伝統的な水出し珈琲ブラック400円、ジンジャーマサラ珈琲550円。
伝統的な水出し珈琲ブラック400円、ジンジャーマサラ珈琲550円。

窓の外からでも気になる、大きく組まれた実験器材のような装置。丸フラスコに入った水が1秒に1滴落ち、挽いた豆に浸透して6時間ほどかけて作られる水出しコーヒーが名物だ。豆はブラジルベースのブレンドを使用。濃厚ながらもカフェインが少なくすっきり飲める。蒸留した高知産の無農薬ショウガと複数のスパイスを煮出して牛乳で割ったジンジャーマサラ珈琲も刺激的でユニークな味わい。

水出しコーヒーを保存するストレージボトル。
水出しコーヒーを保存するストレージボトル。
店内では理化学器材も販売。
店内では理化学器材も販売。
水出しの装置は、コックをひねって水の落ちる量を調整する。
水出しの装置は、コックをひねって水の落ちる量を調整する。

『理科室蒸留所』店舗詳細

住所:東京都江東区平野1-13-12/営業時間:12:00~16:00/定休日:不定(HPで確認)/アクセス:地下鉄半蔵門線・大江戸線清澄白河駅から徒歩5分

2つのおいしい“B”が生まれる場所『B²』[門前仲町]

フラットホワイト550円、紫キャベツとウィンナーのタルティーヌ410円、フロマージュ70% 421円。
フラットホワイト550円、紫キャベツとウィンナーのタルティーヌ410円、フロマージュ70% 421円。

BREADとBEANを表す店名どおり、店はベーカリーと焙煎所、カフェで構成。各セクションのスペシャリストたちの仕事ぶりがオープンな空間から目にできて快い。カフェメニューは、フラットホワイトなど、スタッフにゆかりがあるというオセアニアスタイル。使用する豆は産地や生産者、栽培過程までわかるスペシャルティコーヒーが常時7種類ほど。フルーツの天然酵母で発酵させるパンは60~70種類も焼き上がり、選ぶ楽しさも!

入り口正面、黒いタイルの台がパンコーナー。9時30分ごろから焼き上がる。
入り口正面、黒いタイルの台がパンコーナー。9時30分ごろから焼き上がる。
ラテなどを作るエスプレッソマシンはSYNESSO製。奥に見えるのはLORING社の焙煎機。
ラテなどを作るエスプレッソマシンはSYNESSO製。奥に見えるのはLORING社の焙煎機。
壁には焙煎のデータがぎっしり。
壁には焙煎のデータがぎっしり。
店の正面は全面ガラス張り。
店の正面は全面ガラス張り。

『B²』店舗詳細

住所:東京都江東区深川1-9-10/営業時間:9:00~18:00(コーヒーは~17:30LO)/定休日:無/アクセス:地下鉄東西線・大江戸線門前仲町駅から徒歩7分

取材・文=下里康子 撮影=山出高士