店主が丁寧に焼き上げる絶品やきとり『炭火串焼FUJIKO』[赤羽]

やきとりはささみ、やげんなんこつ各200円など。ニラ玉焼き550円、赤羽サワー500円。
やきとりはささみ、やげんなんこつ各200円など。ニラ玉焼き550円、赤羽サワー500円。

「火はちゃんと入れ、生じゃないぎりぎりの焼き加減を狙っています」とは、焼き台に立ち15年の栁澤恵二さん。肉質のやわらかな紅ふじ鶏を備長炭で焼いており、ささみはプリプリ、レバーはとろりと口でほどける。このレバーと抜群に合うのが梅酒と赤ワインを炭酸で割る赤羽サワー。お酒はほかにハートランド生550円や箕面ビール850円~など、大衆やきとりとは一味違う素敵な品揃えなのだ。

店舗前面がガラス張りになっており、店の雰囲気が外からわかりやすい。2階にもテーブルが2卓。「お客の目の前で焼くLIVE感も大切にしてます!」。
店舗前面がガラス張りになっており、店の雰囲気が外からわかりやすい。2階にもテーブルが2卓。「お客の目の前で焼くLIVE感も大切にしてます!」。
「陸奥八仙や田酒など地元青森の地酒も置いています」と栁澤さん。
「陸奥八仙や田酒など地元青森の地酒も置いています」と栁澤さん。
名店の居並ぶ一番街シルクロードで、2010年にオープン。
名店の居並ぶ一番街シルクロードで、2010年にオープン。

『炭火串焼FUJIKO』店舗詳細

住所:東京都北区赤羽1-22-10/営業時間:14:00~24:00/定休日:日(月が祝の場合は営業、翌月休)/アクセス:JR各線赤羽駅から徒歩3分

味噌・たれ・塩どの串も外れなし!『闇市』[赤羽]

レバー120円(手前)、左からシロ、あみレバ、上タン各160円、上ハラミ230円。ほんのり紅が差した美しき焼き具合。
レバー120円(手前)、左からシロ、あみレバ、上タン各160円、上ハラミ230円。ほんのり紅が差した美しき焼き具合。

老舗の豚肉専門業者から仕入れるもつは、どれも新鮮。「もつやきは、備長炭の香りがついてこそ」と炭火にこだわる店長の小松真樹さん。バラなら香ばしく焼けた味噌と脂の甘みが好相性、照りのあるたれをまとうシロは特殊な方法で下ゆでしており、外カリ・中トロ! 炭の薫香ともつの旨味の余韻があるうちに、店長自身も好物の天羽の梅シロップ入りのボール300円をあおれば恍惚(こうこつ)の世界へ。

低温調理のとろれば刺500円、牛すじを煮込む肉豆腐480円と煮玉子120円。シャリバイス500円は1人3杯まで!
低温調理のとろれば刺500円、牛すじを煮込む肉豆腐480円と煮玉子120円。シャリバイス500円は1人3杯まで!
大衆酒場好きという店長。
大衆酒場好きという店長。

『闇市』店舗詳細

住所:東京都北区赤羽1-12-6/営業時間:16:00~翌1:00(土・日は13:00~)/定休日:不定/アクセス:JR各線赤羽駅から徒歩4分

昭和商店街の奥で心をぽかぽかお燗『角打ち 三益の隣』[赤羽]

毎週水曜にリストが変わる飲み比べセット4杯1100円。当日は土田酒造のシン・ツチダなど。極上タレのワンタンや脂が甘い猪焼き、すぐ出るおつまみセット各500円。
毎週水曜にリストが変わる飲み比べセット4杯1100円。当日は土田酒造のシン・ツチダなど。極上タレのワンタンや脂が甘い猪焼き、すぐ出るおつまみセット各500円。

70年以上の歴史をもつ『三益酒店』の角打ち。2代目・東海林孝生さんが惚れこんだ〆張鶴から、長女で3代目の美保さんが蔵元へ足しげく通い仕入れを実現した冩楽(しゃらく)まで地酒の品揃えは言わずもがな。3女・美香さんが中心となり作る酒肴は、角打ちレベルを超えている。でも、一番の魅力は家族経営や手書きポップが生む温かな雰囲気、ニコニコと杯を傾ける常連たちの楽しそうな飲み姿なのだ。

壁には有名蔵元たちの直筆サインも。
壁には有名蔵元たちの直筆サインも。
ほがらか一家で切り盛り。
ほがらか一家で切り盛り。

『角打ち 三益の隣』店舗詳細

住所:東京都北区桐ヶ丘1-9-1-7/営業時間:16:00~20:00(土・日は13:00~18:00)/定休日:月・火/アクセス:JR各線赤羽駅から徒歩15分

センベロの聖地で見る白昼夢『立ち飲みいこい 本店』[赤羽]

豊洲から仕入れるマグロ130円、もつ煮込み110円、肉豆腐150 円、焼酎ハイボール200円。
豊洲から仕入れるマグロ130円、もつ煮込み110円、肉豆腐150 円、焼酎ハイボール200円。

もともとは酒販店併設の角打ちで、その後、酒屋のみが移転したことで、赤羽を代表する立ち飲み店に。コの字カウンターとその中で湯気を上げる煮込みや肉豆腐の鍋、周りを囲む短冊の品書きなど、店内はまさに大衆酒場の雰囲気に満ちる。100種近くあるつまみの7割は100円台、宝焼酎のハイボールをはじめ酒の半分が200円台と、例え表現ではなく本当に“1000円でべろべろ”になれるのだ。

甘めのたれのかしら2本220円と、すっきり味の焼酎ハイボールが相性よし。
甘めのたれのかしら2本220円と、すっきり味の焼酎ハイボールが相性よし。
100円台のつまみがずらり。少量で出てくるので、 ひとり飲みでもいろいろなものを味わえる。
100円台のつまみがずらり。少量で出てくるので、 ひとり飲みでもいろいろなものを味わえる。
9年前に改装したが、老舗酒場のオーラはそのまま。軒先にも立ち飲みスペースが。
9年前に改装したが、老舗酒場のオーラはそのまま。軒先にも立ち飲みスペースが。

『立ち飲みいこい 本店』店舗詳細

住所:北区赤羽1-3-8 ASビル1F/営業時間:11:00~ 22:00(日・祝は~ 21:00)/定休日:無/アクセス:JR各線赤羽駅から徒歩3分

ひとひねりが楽しい飲み横の新繁盛店『酒呑倶楽部アタル』[北千住]

蒸しつくね5種968円、定番のポテサラ418円、雲丹といくらの出汁温プリン1078円。
蒸しつくね5種968円、定番のポテサラ418円、雲丹といくらの出汁温プリン1078円。

品書きのポテサラやカウンターの煮込み鍋で大衆酒場の空気を感じさせつつ、ポテサラにはカレー粉やたくあんがたっぷりのるなど新たな試みも。「エッジが利きすぎない遊び心を大切にしています」と店長の星野洋平さん。名物の蒸しつくねは、ふき味噌とお餅を使うなどおいしいアイデアが炸裂! お酒は石川の菊姫など名酒揃いの日本酒と、島バジルレモンサワー 580円などサワー類が主役だ。

「豚足煮込み豆腐や鶏皮煮込みもおすすめです」と店長。
「豚足煮込み豆腐や鶏皮煮込みもおすすめです」と店長。
カウンターは全11席。奥に個室も。心配り・目配りの行き届いた愛想のいい接客が心地よい。「蒸しつくねは1カ月に数種類が入れ替わります!」。
カウンターは全11席。奥に個室も。心配り・目配りの行き届いた愛想のいい接客が心地よい。「蒸しつくねは1カ月に数種類が入れ替わります!」。
きれいなガラス張りの店舗が、飲み屋横丁で異彩を放つ。
きれいなガラス張りの店舗が、飲み屋横丁で異彩を放つ。

『酒呑倶楽部アタル』店舗詳細

住所:東京都足立区千住1-32-6 1F/営業時間:16:00~23:30/定休日:不定/アクセス:JR・私鉄・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩3分

串が折れそうなデカさに震えろ『もつ焼き やまぴー』[牛田]

レバー(手前)220円、右からナンコツ、スタミナ、シロ各264円。各2本の値段で注文は2本単位。店主は北千住の名店『加賀屋』で修業 。
レバー(手前)220円、右からナンコツ、スタミナ、シロ各264円。各2本の値段で注文は2本単位。店主は北千住の名店『加賀屋』で修業 。

低温調理のタン刺を頼むと断面が美しき桜色。プリッとした舌触りにもつやきへの期待が高まる。カシラとハラミを串打ちしたスタミナはステーキのような圧倒的肉感。ホルモン(シロ)は激辛で、これ一本で生中一杯いけそう。真打ちはずしっと重いレバー。トゥルトゥルの官能的食感に完全KOなのだ。店主の山下晃将(あきひろ)さんいわく「ポーションを大きくし過ぎたせいか、最近けんしょう炎気味っす」。店の奥にはテーブル席も用意。

タン刺550円、シロと絹豆腐が入る煮込み358円。
タン刺550円、シロと絹豆腐が入る煮込み358円。

『もつ焼き やまぴー』店舗詳細

住所:東京都足立区千住旭町22-4/営業時間:17:00~24:00(土・日・祝は13:00~)/定休日:不定/アクセス:東武スカイツリーライン牛田駅から徒歩5分

品揃えは日本随一クラフトビールの夢の国『びあマ』[北千住]

タップから注いだイギリスのBurnt MillチヌークIPAのS1020円、気仙沼のブルワリーが醸すTsubaki871円(冷蔵庫から角打ちへ持ち込みは+220円)など。缶詰や乾き物など簡単なつまみも。壁に書かれたブルワリーのサインもいいつまみ!
タップから注いだイギリスのBurnt MillチヌークIPAのS1020円、気仙沼のブルワリーが醸すTsubaki871円(冷蔵庫から角打ちへ持ち込みは+220円)など。缶詰や乾き物など簡単なつまみも。壁に書かれたブルワリーのサインもいいつまみ!

北千住の業務用酒販店がクラフトビールの奥深き世界を広めたいと始めたこともあり、扱うその数は1000種、40カ国以上! 「この中から本当に自分好みのビールと出合えるかもしれない。その仲人になれたら」とクラフトビール博士の店長・石田哲也さん。樽生を味わえる日替わりのタップリスト10種から選ぶも良し、奥の冷蔵庫からジャケ買いして角打ちで飲むのもまた楽し、なのだ。

広々とした角打ちスペース。
広々とした角打ちスペース。
国別にビールが並ぶ冷蔵庫。
国別にビールが並ぶ冷蔵庫。

『びあマ』店舗詳細

住所:東京都足立区千住2-62 吉岡ビル1F/営業時間:14:00~23:00/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩2分

味変も濃さも自由自在のどぶ漬けとは?『素揚げ酒場 パリパリ』[北千住]

大山鶏パリパリ半身揚げ1078 円は食べやすいサイズにカットしてくれる。宝焼酎360㎖990円。これ1本でチューハイ4~5杯分。
大山鶏パリパリ半身揚げ1078 円は食べやすいサイズにカットしてくれる。宝焼酎360㎖990円。これ1本でチューハイ4~5杯分。

2017年の開店ながら、白地ののれんや特徴的な提灯など古きよき酒場の雰囲気を上手にブレンド。名物の大山鶏パリパリ半身揚げは、昆布や香味野菜からとった自家製出汁に一晩漬け込んであり、中まで出汁の風味が染みているのだ。お酒の提供方法でおもしろいのがどぶ漬け。カウンター前に置かれた氷冷ボックスから、客が自由に選んだ割り材で宝焼酎を割れば、自分好みのチューハイに!

かまぼこバター醤油生姜のせ462円、いぶりがっこや生クリームが入る手作りポテトサラダ583円。
かまぼこバター醤油生姜のせ462円、いぶりがっこや生クリームが入る手作りポテトサラダ583円。
約12種の割り材を氷冷ボックスにどぶ漬け。
約12種の割り材を氷冷ボックスにどぶ漬け。
「揚げ物ができるまでは、早くお出しできる“アテ”の欄に書かれたメニューで、お酒を楽しんでもらえれば」と店長の滝澤さん。
「揚げ物ができるまでは、早くお出しできる“アテ”の欄に書かれたメニューで、お酒を楽しんでもらえれば」と店長の滝澤さん。

『素揚げ酒場 パリパリ』店舗詳細

住所:東京都足立区千住2-39-18/営業時間:16:00~23:30(土・日・祝は12:00~、日・祝は~22:00)/定休日:無/アクセス:JR・私鉄・地下鉄・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩4分

取材・文=鈴木健太 撮影=逢坂聡、丸毛透