レストラン ドンピエール 銀座本店

ソースをかけないという自由もある

牛肉ゴロゴロ、ステーキライスを食べているよう。

1984年創業。ビーフオムライスは昭和の終わりにまかないから誕生。ソースなしの茶色がかったオムライスは薄味を想像させますが、スプーンを入れると芳醇なたまり醤油味の炒めご飯と、黒毛和牛の香りが鼻孔をくすぐります。注文はランチのみで、コース3300円(ビーフオムライスは+1650円)+サービス料。前菜やワゴンデザートが付いてお値打ち。

記念日に行きたい店。ビーフオムライスは1階ブラッスリーなら単品3700円。
デザートはワゴンサービスなので、全種食べてもOK!

『レストラン ドンピエール 銀座本店』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座1-10-19 銀座一ビルヂング2F/営業時間:11:30 ~ 14 :00LO・17 :30 ~21:00LO/定休日:月/アクセス:地下鉄有楽町線銀座一丁目駅から徒歩1分

ア・ヴォートル・サンテ・エンドー

名物カレーとコラボしたシェフ渾身(こんしん)の新作

カレーソースで玉子包みのドライカレーをいただく新感覚オムライス。カレーにオムレツをのせた「オムカレー」ではない。

職人気質な遠藤克己オーナーシェフが作るオムライスやフルーツカレーが名物ですが、お客さんの要望に応えて2017年に登場したのがカレーオムライス1750円(平日ランチ時)。中は辛めのキーマカレーとライス。ソースはお店で出しているカレーを濾(こ)し、サラサラのスープカレーのよう。ライスに負けないよう、玉子に塩気と甘みを加えているのがポイントです。

ライスにもケチャップが少量入り、甘みを感じます。
一本気の遠藤シェフ(左)と、接客大好きネパール人のクスムさん(右)のバランスが見事。

『ア・ヴォートル・サンテ・エンドー』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座5-9-5 田創館ビル2F/営業時間:12:00~15:00・18:00~ 22:30/定休日:月/アクセス:地下鉄日比谷線・浅草線東銀座駅から徒歩1分

YOU

極限の表面張力でプルプルふるえる

あらかじめオムレツを開いて提供する店もあるが、YOUでは自分で"ご開帳"を楽しめるのがいい。生クリームたっぷりで少し甘め。

創業は1970年ですが、オムライスの登場は平成に入ってから。近隣に競合コーヒーチェーン店ができたため、店主の松嶌龍子さんが差別化のために創作。お皿をゆするとやわらかオムレツがプルプル揺れ、最近ではSNS動画投稿を見てアジア圏からも若い女性が押し寄せるように。オムレツを端から崩して食べたり、スプーンで開いたりと、食べ方はさまざまです。

下は硬めのケチャップライス。ランチのドリンクセット1300円。

『YOU』店舗詳細

住所:東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル/営業時間:11:00~18:00LO(ランチ11:30~ 15:00)/定休日:無/アクセス:地下鉄日比谷線・浅草線東銀座駅から徒歩1分

構成=武内紫衣奈 取材・文=岸本好弘 撮影=平澤清司、松岡誠