国分寺エリア最古のイタリアン『メランツァーネ』

看板メニューのメランツァーネ(なすとアンチョビ)は900円。一品料理は季節で変化する。
看板メニューのメランツァーネ(なすとアンチョビ)は900円。一品料理は季節で変化する。

国分寺で最も古いイタリアンは『メランツァーネ』だ。「都下であるここ国分寺にも『イタリアン』を」と店主若林さんが30歳の時に開店した。30種類以上もあるパスタメニューは昼夜いつでも楽しめる。オープン以来手作りにこだわり、味と価格も変わらず提供、その変わらぬ味を求めて各地から多くの客が足を伸ばす。店名でもあるナスを使ったパスタや前菜、オーブン料理は必食。

一人客に向けたカウンター席もあり、ゆったりと落ち着いた雰囲気。
一人客に向けたカウンター席もあり、ゆったりと落ち着いた雰囲気。
住所:東京都国分寺市南町3-18-11 斎藤ビル1F奥/営業時間:11:30~20:30LO/定休日:木/アクセス:JR・私鉄国分寺駅から徒歩1分

驚きのボリュームとコスパ 『トラットリア・クオーレ』

ランチメニューはAコース1000円と、Bコース1200円の2種類。
ランチメニューはAコース1000円と、Bコース1200円の2種類。

国分寺の外れにある小さな駅「恋ヶ窪」。その目の前にある『トラットリア・クオーレ』は、街の食堂ともいえる佇まい。この道20年以上の心優しきシェフは、大判振る舞いが基本スタイル。毎日のランチメニューはサラダ・パン・ドリンクに、パスタかピッツァ、リゾットを選ぶAコースか、そこに前菜2品が加わるBコースの2種類。国産野菜をふんだんに使ったメニューだ。どちらのコースも1500円以下と、都心では考えられない破格のプライスで、市民の胃袋をわし掴みにしている。

ランチコースメニューの一つ、四種チーズのピッツァ。パスタ・ピッツァ・リゾットから選べる。
ランチコースメニューの一つ、四種チーズのピッツァ。パスタ・ピッツァ・リゾットから選べる。
店内カウンター席。ファミリー席もあり、一人客から大人数まで楽しめる。
店内カウンター席。ファミリー席もあり、一人客から大人数まで楽しめる。
住所:東京都国分寺市戸倉1-2-2 恋ヶ窪マンションB1F/営業時間:11:30~14:00LO・17:30〜21:30LO/定休日:日、第1月/アクセス:西武鉄道国分寺線恋ヶ窪駅から徒歩1分

本格薪窯で焼き上げたピッツァが絶品『オステリア国分寺』

店一番人気のピザ、マルゲリータ1490円。1枚1枚ハンドクラフトで生地を作る。
店一番人気のピザ、マルゲリータ1490円。1枚1枚ハンドクラフトで生地を作る。

1997年に開業、親子二代で営む西国分寺エリアの老舗イタリアン。店の一押しは、本格薪窯で焼き上げたピッツァ。初代店主である父・仁一郎さんが全てハンドクラフトする。元酒店ならではの豊富なアルコール類も見逃せない。客との交流を楽しむことに重きをおく2代目店主の源(はじむ)さんは、フードメニューにアルコールメニューにと好みに応えたセレクトをしてくれる。

2代目店主の牧山源さん。客とのコミュニケーションを何より大切にする。
2代目店主の牧山源さん。客とのコミュニケーションを何より大切にする。
日本酒からワイン、リキュールまで豊富に揃う。料理に合わせてセレクトするのが楽しい。
日本酒からワイン、リキュールまで豊富に揃う。料理に合わせてセレクトするのが楽しい。
住所:国分寺市西恋ヶ窪2-6-21/営業時間:12:00~20:00LO/定休日:毎週月・第一日(月が祝日の場合、翌火が定休)/アクセス:JR西国分寺駅から徒歩1分

丁寧に仕込みをして作り上げる料理と本格ピザを味わうべし『ジャポリボタニカ』

熱々の焼き立てのピザが一押しのランチコースは、前菜からドルチェまで丁寧に拵えている
熱々の焼き立てのピザが一押しのランチコースは、前菜からドルチェまで丁寧に拵えている

国分寺北口駅前のイタリアンといえば『ジャポリボタニカ』。なんと言ってもこの店の注目の一品は、300℃近い高温薪窯で焼き上げる自家製ピザ。ランチコースはこのピザを選べることができるボリュームの内容で、前菜、サラダ、選べるメイン、ドルチェ、ドリンクにファーストドリンクもついた人気メニュー。夜は一品料理を始め、パスタやピザが揃う。気軽に訪れやすいオープンな雰囲気と、さりげなくも丁寧な接客に魅了される人は多い。子連れやファミリーからカップル、友人連れと幅広い層から愛されている。

職人がその日の気候や食材を鑑みながら、全て培った経験と勘で焼き加減を調整。
職人がその日の気候や食材を鑑みながら、全て培った経験と勘で焼き加減を調整。
住所:東京都国分寺市本町3-5-14/営業時間:11:00〜14:30LO・17:30〜21:00LO(日のみ17:30〜21:00LO)/定休日:火/アクセス:JR中央線・西武多摩湖線国分寺駅から徒歩2分

地元農家の野菜をたっぷり使った彩り豊かなメニューが魅力『トラットリアカレラ』

彩り豊かな野菜をメインとしたメニューは、北イタリアの家庭料理を再現。
彩り豊かな野菜をメインとしたメニューは、北イタリアの家庭料理を再現。
毎朝地元の小坂農園からとれたての野菜を収穫。
毎朝地元の小坂農園からとれたての野菜を収穫。

地元の人に評判の店といえば、国分寺南口の小さな店『トラットリアカレラ』。一家で営むことおよそ40年近くと長く愛されている。ここは気取らず楽しめるアットホームな店、提供される料理も北イタリアの家庭料理がメインだ。

色鮮やかな野菜を主役にした料理たちは、とにかく素材の味わいが濃厚。「野菜本来の美味しさを味わって欲しい」と店主の小俣さんは調理方法や味付けをなるべくシンプルに仕立てている。製菓出身の店主ゆえに味ももちろん、彩りや見た目にもこだわる。食卓に並ぶ料理を始め、デザートまで全て一から手作りの数々にお腹も心も満たされる豊かな時間を過ごせる。

住所:東京都国分寺市南町2-1-27/営業時間:11:30~14:00 LO・18:00~21:00 LO(木は18:00~21:00 LO)/定休日:月・火・水(不定あり)/アクセス:JR・私鉄国分寺駅から徒歩5分

色鮮やかで豊かな創作イタリアンは、訪れる人を魅了『シレーナ』

野菜をたっぷり使ったパスタメニュー。生パスタは季節の素材を練り込んで仕立てている。
野菜をたっぷり使ったパスタメニュー。生パスタは季節の素材を練り込んで仕立てている。

最後に紹介するのは、“国分寺お店大賞“に輝く創作イタリアン『シレーナ』。食通に知られた国分寺のイタリアン代表店だ。オーナーはガーナ生まれの古河サミエルさん。明るく朗らかでとても人当たりの良く、その人柄には多くのファンがつく。野菜と天然調味料を愛するサミエルさんは、素材を大事にした方法で調理をする。たっぷりとした野菜の甘味が感じられるメニューの数々は、その数80種類以上と豊富。必ずお気に入りメニューと出会えるだろう。

明るく鮮やかな店舗。裏路地にあり、まるで隠れ家のよう。
明るく鮮やかな店舗。裏路地にあり、まるで隠れ家のよう。
住所:東京都国分寺市本町2-13-9/営業時間:11:00〜14:30LO・18:00〜21:30LO/定休日:水/アクセス:JR・私鉄国分寺駅から徒歩5分

取材・文・撮影=永見薫