翁庵

文化財級のレトロ庶民派そば屋

ねぎせいろ。毎日、新しい油で揚げるイカのかき揚げの旨味が溶け出し、つけ汁にコクが出る。

明治32年(1899)創業。浅草通りに面した店は、昭和2年(1927)建築の木造2階建て。黒い屋根瓦や格子窓、黒光した床、船底天井などにも歴史を感じる。そばは、主に北海道産ソバを使用した細打ちの二八そば。冷たいそばには鰹節、温かいそばは宗田鰹と鯖節と、出汁を使い分ける。名物のねぎせいろ850円は、温かいつゆに長めに切った長ネギとイカのかき揚げを入れたもの。戦時中、手頃な料金で天ぷを食べられるようにと、先代が考えた創作料理だ。このイカ天を使ったイカ丼800円もある。

2階にはテーブル席と座敷があり、小さなカウンター席もある。
3代目の加勢雅博さん(右)と4代目の智康さん。
日本酒は「白雪」550円。肴には、そばつゆで煮た油揚げ甘辛煮400円や厚切りの板わさ550円がピッタリ。
ビル街にあって異彩を放つ建物。ここだけ時間が止まったようだ。

『翁庵』店舗詳細

珍珍軒

女性を虜にする"レバタン"とは?

レバーが引き立つよう、塩気はあえて控えめに。自家製ラー油をかけても美味。

「僕自身、他店で同じメニューを見たことがありません」。3代目・河田幸一郎さんが断言するのは、鶏ガラや豚骨で取った塩味のスープのタンメンにレバニラ炒めをオンした「レバニラ湯麺」900円。通称、レバタンである。レバーには隠し味に醤油やゴマ油を少々。香ばしくもパワフルな味わいを演出。さぞ男性に好まれる味かと思いきや、「むしろ女性のお客様のファンが多くて」と河田さん。キャベツやニンジン、野菜たっぷりなのも人気の理由なのだ。

野菜はすばやく炒め、シャキシャキに!
モミジや野菜でいい出汁が出る。

『珍珍軒』店舗詳細

住所:東京都台東区上野6-12-2/営業時間:10:00~23:00/定休日:月(祝の場合は翌)/アクセス:JR・私鉄・地下鉄上野駅から徒歩1分

上野藪そば

藪の味と伝統を守るのれん分け1号店

せいろう760円円。黒塗りのせいろは、国会議員の名札製作で知られる「ぬしさ製作所」の漆塗り。

明治25年(1892)に『連雀町藪蕎麦』(現在の『かんだやぶそば』)からのれん分けされた第1号店。そばは北海道産や福井産のソバを使用した細打ちの二八そば。冷たいそばは風味が生きる手打ち、温かいそばは製麺機で固めに仕上げる。出汁も冷たいそばには鰹節と宗田鰹、温かいそばには鯖節を使うなど、味へのこだわりも強い。藪そばといえば、「そばにちょっとだけつけて食べる」という辛口のつゆが有名だが、この店では、かえしに2種類の醤油をブレンドし、風味豊かに仕上げている。

昭和38年にビルに建て替え、2年ほど前に店内をリニューアル。入り口上部の釣り行灯が目を引く。
1・2階に客席があり、1階では職人が手打ちする姿を見られる。
4代目の鵜飼泰さん。「冬場は、三陸産カキを使ったかき南ばん1715円(税抜)がおすすめ」。
日本酒を凍らせた菊正宗みぞれ酒650円には焼き味噌と塩が付く。穴子の白焼き1320円、炙りめんたいこ690円。

『上野藪そば』店舗詳細

住所:東京都台東区上野6-9-16/営業時間:11:30~21:00(平日は11:30~14:30LO・17:30~20:30LO)/定休日:第2・4火/アクセス:JR・私鉄・地下鉄上野駅から徒歩3分

ビストロ Enn

仏料理がベースの気軽に味わえる一皿

和牛メンチカツセット900円。野菜は北茨城のすがの農園直送。夏場はお休み。

「仕込んだ分が売り切れたら、申し訳ないけど早仕舞い」と、恐縮する菊地幹人シェフ。都内老舗ホテルなどでの経験を看板に独立し、昼も夜も、培ってきた技術を存分に披露する。特注のパン粉をまとった黄金色のメンチは、牛7:豚3の種をまとめて低温で揚げること6分。熱々を頬張ると弾力を感じるや否やふわりとほどけ、ジューシーな口中にご飯をいざ! これがまたつややかな粒が立つ千葉県産コシヒカリ。食材選びに魂を込める菊地さん一番の自慢だ。

「夜は旬の食材満載ですよ」と菊地さん夫妻。
夏のランチは冷製パスタ。

『ビストロ Enn』店舗詳細

住所:東京都台東区東上野3-12-8 遠藤ビル1F/営業時間:11:30~13:30(売り切れ次第終了、土は休)・18~21:30LO /定休日:日・祝・土の昼/アクセス:JR・私鉄・地下鉄上野駅から徒歩3分

天寿ゞ

伝統を守る老舗の極上天ぷら

特上天丼1900円。かきあげ、海老天、白身魚と野菜が2品ずつ。

店主の鈴木康夫さんは、「天ぷらは、衣の出来栄えでおいしさが決まる」という先代からの教えを守り、練りすぎずに軽い口当たりの衣作りにこだわる。揚げたての天ぷらは、衣がサクッと軽い。しかも、包まれた食材は水分がほどよく抜け、旨味と香りがギュッと凝縮。塩を付けて食べると、もう最高。ビールも一緒に頼みたくなる。一方、天丼は、甘めの天つゆが天ぷらの中までしっかりと染み込んで、ご飯との相性がバッチリだ。

定食なら、カウンターからアツアツ揚げたてを直接皿に盛ってもらえる。
創業89年の老舗。

『天寿ゞ』店舗詳細

住所:東京都台東区上野2-6-7/営業時間:11:30~14:00・16:30~21:00/定休日:水(夏季・冬季休みあり)/アクセス:地下鉄銀座線上野広小路駅から徒歩1分

ムーセイオン

恐竜をイメージしたメニューが味わえる

恐竜の足型ハンバーグ900円。パンかライスが選べるセット。

3本指だから肉食恐竜か?はたまた……、などと想像を膨らませながら食べたいこのハンバーグ。恐竜関係の展示物にちなんで、10年ほど前に考案された。牛豚合い挽き肉を使ったタネは料理人が1つ1つ手で成形。濃厚なドミグラスソースをまとい、大人も満足の味とボリュームだ。ぷっくりした肉球はマッシュ状のもっちもちポテト。ふっくら、さっぱりと揚げられた活火山のチキンカツも楽しく食べごたえのある一品だ。

活火山のチキンカツ900円。火山(春巻きの皮)の下はプチトマトのマグマとポテトサラダの噴煙が!
海底や森、宇宙の内装にワクワク!

『ムーセイオン』店舗詳細

住所:東京都台東区上野公園7-20/営業時間:10:00~ 16:30LO(金・土は~ 19:30LO)/定休日:月(日・月が祝の場合は火)/アクセス:JR上野駅から徒歩5分の国立科学博物館内
illust_2.svg

ひと足延ばして

グリル ビクトリヤ

「素材の良さをストレートに活かせばいいの」

夜のみのマルゲリータと、クルミやレモン、ニンニクなどが入る自家製ソースで味わうタコのジェノバソース1000円。

「ごちゃごちゃやらずに、素材の良さをストレートに活かせばいいの」と物言いも下町風ストレートの店主・大原俊一さん。マルゲリータ2100円は、外カリ、中ふわの生地も酸味を利かせたトマトソースも自家製だし、手ごねハンバーグ(ランチ1300円、ディナー1400円)も注文ごとに肉をひいて焼くなど、ご主人の実直な仕事が光る。「奢(おご)るからぜひここの名物しょうが焼き(ランチ1100円、ディナー1400円)を食べてみて」という常連さんや、ご近所の林家一家など、50年近く地元っ子が通うのも納得。

フルート奏者の店主の好きなJAZZが流れる店内。
店を切り盛りするご夫婦。「しょうが焼きも絶品です」。

『グリル ビクトリヤ』店舗詳細

住所:東京都台東区根岸3-12-18 博俊ビル 1F/営業時間:11:00~13:45LO・17:00~20:30LO/定休日:水/アクセス:JR山手線・京浜東北線鶯谷駅から徒歩4分

取材・文=鈴木健太 撮影=金井塚太郎