三鷹 くじら食堂bazarの外観
三鷹 くじら食堂bazarの外観

岡山の笠岡ラーメンを提供する名店で、ずっと行きたかった店ですが、臨時休業。また近いうちに訪問します。

カオマンガイ バザール の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

その「くじら食堂バザール」の帰りに見つけた「カオマンガイバザール」。

三鷹 カオマンガイバザールの外観 その1
三鷹 カオマンガイバザールの外観 その1

大通りと路地に面した作りになっており、ドラム缶に植えられたヤシが良い感じ。

三鷹 カオマンガイバザールの外観 その2
三鷹 カオマンガイバザールの外観 その2

ブルーを基調にした外観もおしゃれです。

ランチはすべて980円。安い訳ではないですが、「クルン・サイアム」で1,100円のガパオを食べ慣れているせいか手頃に感じます。

それより気になったのは+220円で食べ放題が付くこと。パクチー食べ放題は珍しいかも。

窓際から店内を覗くと8割方埋まっています。これは良い。このくらいの入りの店はどこでも外れありません。

それでも念の為にGoogle Mapを確認し、「4.2」という数字を見た途端迷いがゼロになって入店。

結局バザールでふられて別のバザールに入ることになりました。

入口左側のテーブル席は満席に近かったですが、右側にはカウンター席があってそちらは数席空いていました。

これは帰る前に撮った写真ですが、大きな木のテーブルで一人当たりのスペースも十分。隣には女性の一人客。

メニューを見て自分のソウルフード?の一つガパオごはんを注文します。

三鷹 カオマンガイバザールのランチメニュー
三鷹 カオマンガイバザールのランチメニュー

食べ放題も付けてもらいました。

こちらの店員はほぼ日本人。最近たまに見かけるタイ人のいないタイ料理店?と思ったのですが、食べログにはタイ人シェフの写真が載っていました。厨房が見えなかったので気づかなかったのですね。

ジャスミン茶がジョッキに入っていてたっぷり飲めるので良い感じ。

さて、ビュッフェコーナーを見に行きます。

三鷹 カオマンガイバザールのビュッフェ
三鷹 カオマンガイバザールのビュッフェ

目の前にパクチー。

実はパクチーは自分にとってはたくさんあるハーブの1つ。多くの人が持つ好き嫌いの感情はあまりないのですが、食べ放題ならたくさん頂きます。パクチーはかなり栄養価が高いので。

そしてスープジャーを開けてびっくり。

かなり本格的な感じのグリーンカレー。やっつけで作った感じではありません。後で食べよう。

自分は使わないのであまり興味がないのですが、現地のタイ料理店でもよく見かける調味料のセットも置いてありました。

カオマンガイ バザール で頂いたガパオごはん、グリーンカレー

パクチー、サラダと、大根と豚肉の煮込?を席に持ち帰ります。

大根がギザギザに切られているのが現地風ですが、何か和の雰囲気もします。これもタイ料理なんだよね。

タイ料理は大好きで、有名どころのメニューはよく食べますが、実際に種類がとても豊富。例えば家庭料理などほとんど分かっていません。こちらは家庭料理の味わいがありました。

そしてガパオごはん。

ガパオごはん@三鷹 カオマンガイバザール
ガパオごはん@三鷹 カオマンガイバザール

お皿には蝶、ではなく花があしらわれています。

ひき肉は鶏。熱々でバジルの香りもしっかり。ナンプラーのクセも良い感じで美味しいガパオです。

店員が日本人だったこともあり少し心配しましたが、ご飯はタイ米でした。香りは控えめ。

せっかくなのでパクチーも大量投入。

いやぁ、美味しいな。ただ自分は気にならないとはいえパクチーの味が場を支配します。不人気の理由も分からなくはないですね。

少食の自分なので普通ならこれで終了ですが、グリーンカレーを食べない訳にはいきません。

グリーンカレー@三鷹 カオマンガイバザール
グリーンカレー@三鷹 カオマンガイバザール

結構ココナッツミルク感の強いグリーンカレーで美味しい。

最近グリーンカレーペーストとココナッツミルクを買ってきて家でグリーンカレーを良く作るのですが、具は何を入れれば良いのかよく分かりません。

たいてい鶏肉、ナス、マッシュルームで作ることが多いのですが、この細切りは筍ですかね?食感が良いので今度家でも筍を入れて作ってみようと思いました。

カオマンガイ バザールの行き方、営業時間、食べログ採点

〒180-0006 東京都武蔵野市中町1丁目3−2

JR三鷹駅 北口徒歩2分 三鷹通り沿い。

【 三鷹 カオマンガイバザールの営業時間 】

11:00~15:00(L.O14:30)/ 17:00~22:30(L.O21:30)

定休日 年中無休

取材・文・撮影=しげP(東京たべある記)