藤沢の記事一覧

1〜10件(全11件)
noimage
平たい麺ワールドカップ開催!~すすれない戦いが、そこにある~
世界にはいろいろな麺があるけれど、平打ち麺もバラエティ豊か。そこで、マイナーだったり個性派だったりの名選手にクローズアップ。サッカー界はカタール大会(2022 FIFAワールドカップ)で熱いけど、こちらの競演もアツアツで目が離せない!?
noimage
盛り場の名前、屋号。昭和20年代から昭和40年代にかけての飲み屋街の地図から感じる、「秘めた熱」
慕情、夜の蝶、キャバレーゴールデンダイス、バー夜行列車、カフェー野ばら。……こういった系統の屋号、お嫌いでしょうか? これらはすべて、実在した店の名前です。
noimage
神奈川県藤沢市『湘南台温泉 らく』。湘南台駅前で奥湯河原の湯を源泉100%で満喫!
ビルやマンションが立ち並ぶ道路沿いに「ゆ」の文字がひときわ目立つビルがある。湘南台駅から徒歩2分の『湘南台温泉 らく』だ。神奈川県の名湯・奥湯河原の湯を現地から毎日2回運んだ温泉を身近に楽しめる日帰り温泉で、1階から3階まで各フロアに備わる充実のサービスと、喧噪を感じさせない屋上の露天風呂が自慢だ。まずは3階にある大浴場からスタートしよう!
noimage
地域の元気がもらえる湘南のグルメ&カフェ5選。通いたい、贔屓にしたくなる店をピックアップしました!
東海道の宿場町として栄えた藤沢は、今も変わらず大勢の人が行き交います。そんな活気あふれるこの街に彩りを添えるのは、個性豊かな良店の数々。そこで今回は、藤沢界隈の元気がもらえる絶品グルメ&カフェをご紹介します。
noimage
神奈川県内でおすすめのスーパー銭湯&日帰り温泉25選
神奈川県内には、仕事帰りに利用できる都市部のスーパー銭湯から海や山々を望む日帰り温泉まで幅広いラインナップ。日頃の疲れを癒やせる施設や明日への活力を生む岩盤浴充実の施設、のんびりと過ごせる温泉など、その日の気分に合わせて見つけてみよう。
noimage
わざわざ行きたい湘南の名店ベーカリー5選。お店にたどり着くまでの散歩も楽しみです!
湘南は別荘地帯でもあるからか、パンに親しんでいる人が多くて、パン文化が成熟しているとの声もあります。駅前はもちろん、住宅地や駅から離れた辺鄙(へんぴ)なところに、こだわりのベーカリーがあってびっくり。そんな中から実力派の6店をピックアップしました。売り切れが早い店が多いので、早起きして出かけましょう!
noimage
藤沢市『鵠沼伏見稲荷神社』の看板猫、マイペースなコウタくん
今回訪れたのは神奈川県藤沢市。午前中の撮影を終え、近くに看板猫はいないかと探みると、有力な情報を入手したので早速向かってみることに。目指すは『鵠沼伏見稲荷神社』。神社に猫とは最高の組み合わせです。一体どんな看板猫が待っているのでしょう。
noimage
茅ケ崎、平塚、藤沢、辻堂……湘南の街の文化を支える、地域密着本屋さん7選
茅ケ崎と平塚には、駅前に地元の本屋さんがある。どのお店も、長く店を構えている老舗だ。地元の発展とともに歴史を重ねた3軒それぞれの試行錯誤を紹介する。また、神奈川、東京、千葉の3都県に店を構える有隣堂は、2021年で創業111年。各店舗は、その土地に合わせた品揃えで、そこに暮らす人たちの生活を支えている。藤沢から平塚までの沿線にある4店舗それぞれの取り組みをご紹介。
noimage
ネットで見かけるあの廃墟の真相は? 藤沢に「小鳥の街」があったころ
藤沢駅の北口・銀座通りから北側へ路地を入ると、「新地」と地元民が呼びならわす一帯に出る。奥には有名な廃墟があった。実際にこの場所で商いをしていた古老から聞く、この場所の話。
noimage
知る人ぞ知る、あのヒーローの基地! 鵠沼でモロボシ・ダンに会いたい
地球を愛して戦い抜くウルトラセブンは、地球人・モロボシ・ダンの姿を借りてウルトラ警備隊に入隊。1967年に現れたダンは今、鵠沼にいるという。そこで、基地とするカフェを訪ねてみた。デュワッ!

藤沢のスポット一覧

1〜11件(全11件)
noimage
蕎麦粉食堂バックウィート
栄養あるそばをメインにした健康志向のイタリア料理店。そのひとつピッツォッケリの麺はセモリナ粉+碾きぐるみそば粉の二八そばで、パスタマシンを使わず完全手打ち。キャベツとジャガイモ、ガーリックバターの効いたチーズソースがよく絡まり、麺の噛み応えも心地よい。
noimage
鈴鵠(スズクグイ)
鵠沼海岸のほど近く、格子戸が目を引くカフェ。店主の谷尾陽平さんは、ラテアートの国内大会で優勝経験もあるバリスタで、ラテアート教室も予約制で開講している。
noimage
寶月(ほうげつ)
江の島参道の入り口にそびえる青銅の鳥居のすぐ手前の店。注目すべきは江の島名物だった貝細工だ。父の代から店主自らが手がけた真珠貝の彫刻アクセサリーに、帆船やとぼけた人形の貝細工などが潜んでいる。
noimage
湘南台温泉 らく(しょうなんだいおんせん らく)
江戸時代開湯の神谷温泉の源泉を毎日輸送した新鮮な湯を楽しめる。腰高まである浴槽にたっぷりと満たされるので、リラックス効果も絶大。温泉ではないが和の趣ある露天風呂には、寝湯や炭酸風呂など多機能な湯船も備わり満足感が高い。湯上がりには床暖が心地よいお休み処で、手足を伸ばしてくつろげる。
noimage
シネコヤ
遠くて甘い記憶が蘇(よみがえ)るような、懐かしいにおいがするブックカフェ。映画と本とパンをテーマに掲げていて、本を開きながらパンを味わい、さらに映画鑑賞もできる。
noimage
鵠沼伏見稲荷神社
看板猫のコウタくんがいる神社。海岸まで徒歩6~7分の神社ならではの海南除け守りとウルトラセブンのアイスラッガーお守りが手に入る。
noimage
有隣堂 テラスモール湘南店
絵本や児童書を集めた「Do!Kids」コーナーには水槽があり、子供たちに人気。店内は表紙を見せて並べる面陳が多く、本を見つけやすく、親しみやすいようにしている。本が主役ではありながら、日々の生活をさまざまな側面から支える知恵が詰まっている。
noimage
有隣堂 藤沢本町トレアージュ白旗店
ショッピングセンターの一角にあり、近隣で暮らす人たちの日常に沿った品揃えを目指す。時代小説の棚は探しやすい著者別、人気のパズル誌はラインナップ豊富に並んでいる。新聞広告の切り抜きを持ってきたり、テレビで紹介されたものを探しにくるお客さんも多く、本と生活と書店が密接につながっていることがうかがえる。
noimage
有隣堂 藤沢店
藤沢駅前、名店ビルの2階から5階に店を構える。雑誌、コミックから専門書まで幅広い品揃えを誇り、どの売り場も本が美しく並んでいる。人文書のフロアには古本とアウトレット本の区画も。新刊で網羅できない分野を補完できる。老舗ならではの安心安定感。
noimage
ジョリーシャポー
モロボシ・ダンこと俳優・森次晃嗣が、表現の場として開いたカフェ。ウルトラセブン及びシリーズファンの聖地と言われ、店内はさながらミュージアム。セブングッズやドラマ・映画の記録たちに囲まれながら、ダンのハヤシライスやミャンマーコーヒーフロートなどの名物メニューをいただける。オリジナルTシャツやセブンパッケージのコーヒー豆の販売も。
noimage
Hilo Homemade Ice Cream
ハワイ生まれのアイスクリーム工房。初代が1970年代にハワイ島のヒロ地区で自家製アイスクリームの店を開き、現店主が5代目を継いで日本へ。卵は使わず生クリームでコクを出し、素材を活かすのが代々のこだわり。ミント&チョコチップには藤沢市『農園たそりあ』の無農薬ミントが使われ、軽やかな甘さと柔らかい清涼感が癖になる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ