茅ケ崎の記事一覧

1〜10件(全12件)
noimage
【週末民話研究】源頼朝の死の原因と茅ヶ崎市の遺跡「旧相模川橋脚」
茅ヶ崎市にある「旧相模川橋脚」は、大正12年(1923年)9月1日の関東大震災とその余震によって水田に突如現れた鎌倉時代の橋の橋脚です。当時の歴史学者の調査によって、この橋脚は建久9年(1198年)に架けられた橋の脚部分であると判明。大正15年(1926年)には国の史跡に指定され、平成24年(2012年)には関東大震災当時の液状化現象の痕跡を残す遺産として国の天然記念物にも指定されました。歴史遺産と天然記念物、二つの側面で重要な遺構となっている旧相模川橋脚ですが、ここには複数の言い伝えがあります。そしてどうやらその中には源頼朝の死因に関わっている話が存在するらしいのです。
noimage
茅ヶ崎『野天湯元 湯快爽快 ちがさき』は温泉三昧でさらに食事も大満足!
南関東に6店舗を展開する「湯快爽快」グループの一つ。効能豊かな温泉を13種類もの湯船で楽しめるのはもちろん、豊富な旬の海の幸料理が自慢の食事処、手もみマッサージや韓国式あかすりなどのリラクゼーション施設など、充実の設備が自慢。電車の中からも見える“湯快爽快ちがさき”の看板と半円形のガラス窓の建物も目を引き、期待感も高まる。
noimage
地域の元気がもらえる湘南のグルメ&カフェ5選。通いたい、贔屓にしたくなる店をピックアップしました!
東海道の宿場町として栄えた藤沢は、今も変わらず大勢の人が行き交います。そんな活気あふれるこの街に彩りを添えるのは、個性豊かな良店の数々。そこで今回は、藤沢界隈の元気がもらえる絶品グルメ&カフェをご紹介します。
noimage
神奈川県内でおすすめのスーパー銭湯&日帰り温泉25選
神奈川県内には、仕事帰りに利用できる都市部のスーパー銭湯から海や山々を望む日帰り温泉まで幅広いラインナップ。日頃の疲れを癒やせる施設や明日への活力を生む岩盤浴充実の施設、のんびりと過ごせる温泉など、その日の気分に合わせて見つけてみよう。
noimage
わざわざ行きたい湘南の名店ベーカリー5選。お店にたどり着くまでの散歩も楽しみです!
湘南は別荘地帯でもあるからか、パンに親しんでいる人が多くて、パン文化が成熟しているとの声もあります。駅前はもちろん、住宅地や駅から離れた辺鄙(へんぴ)なところに、こだわりのベーカリーがあってびっくり。そんな中から実力派の6店をピックアップしました。売り切れが早い店が多いので、早起きして出かけましょう!
noimage
心地よい茅ケ崎のカフェ4店。朗らかムードで心の底からリラックスできる店ばかりです!
地名の知名度の高さは抜群。けれど、気負う様子はゼロ。自然体で生きる人が多い茅ケ崎界隈に降り立てば、肩の力がふっと抜けます。そんなおおらかな街には自由で、楽しい時間が味わえる店がたくさん! 今回は心地よさ抜群の4店をご紹介するので、時間を忘れてくつろぎましょう。
noimage
湘南で買う&食べるなら!おすすめしたいグルメ5選。店主の渾身のアイデアが炸裂しています!
湘南といえば海のイメージですが、どっこい、畑も田んぼも、果実実る山もあります。米、野菜、果実など、多岐にわたって生産され、色ツヤ、ハリが抜群。地場野菜の料理、加工品も目白押しです。そんな湘南でおすすめしたいグルメ4選をご紹介します。
noimage
神奈川県茅ヶ崎市『湘南RESORT SPA 竜泉寺の湯』は、リゾート気分の湯めぐりが楽しめるスーパー銭湯
「スーパー銭湯」と名付けて名古屋で開業した『竜泉寺の湯』が、豊かな自然が残る湘南エリアにもある。『湘南RESORT SPA 竜泉寺の湯』では、高濃度炭酸泉や温泉、岩盤浴など、リゾート気分で楽しむことができる。毎日の慌ただしさを忘れてのんびりと過ごそう。
noimage
音楽評論家・宮治淳一にきく、加山雄三とサザンを生んだ音楽の街・茅ケ崎と「湘南サウンド」の深い関係
今やサザンオールスターズが街の象徴の茅ケ崎。サザン以外にも加山雄三からSuchmosまで街に関わりの深いミュージシャンは非常に多い。茅ケ崎在住の音楽評論家にそのワケを聞いた。
noimage
茅ケ崎、平塚、藤沢、辻堂……湘南の街の文化を支える、地域密着本屋さん7選
茅ケ崎と平塚には、駅前に地元の本屋さんがある。どのお店も、長く店を構えている老舗だ。地元の発展とともに歴史を重ねた3軒それぞれの試行錯誤を紹介する。また、神奈川、東京、千葉の3都県に店を構える有隣堂は、2021年で創業111年。各店舗は、その土地に合わせた品揃えで、そこに暮らす人たちの生活を支えている。藤沢から平塚までの沿線にある4店舗それぞれの取り組みをご紹介。

茅ケ崎のスポット一覧

1〜12件(全23件)
noimage
野天湯元 湯快爽快 ちがさき(のてんゆもと ゆかいそうかい ちがさき)
地下1500mから汲み上げた効能豊かな温泉をかけ流しで楽しめる露天風呂が自慢。東屋風の野天岩風呂、狸の置物がかわいい信楽壺湯やうたた寝之湯などバリエーション豊富な湯船が備わる。内湯にはぬるめの高濃度炭酸泉をはじめ、マッサージ効果も高い電気風呂やボディーバス、ストロングバスもあるので、日頃の疲れも一気に吹き飛ぶ。湯上がりには、三崎港直送のマグロを使った刺し身や丼や、丹沢山脈を望む神奈川県央地区で飼育される相模豚や十勝そばといったこだわりの料理も楽しみの一つ。
noimage
鮨みやもと
茅ケ崎出身の宮本信也さんが2015年に開店。昼も夜と同等の鮮魚は、川崎北部市場をはじめ、伊豆・川奈や宮城・閖上(ゆりあげ)から直送される。酢飯は、南部鉄器の羽釜で炊き上げ、赤酢を合わせるインパクトのある味わいだ。
noimage
食彩 真こと
大の魚好きが高じて料理の道に入った、岡﨑誠さんが2018年10月開店。見目麗しい海鮮ばらちらしは、小田原漁港で揚がったアジに太刀魚に赤イカ。小笠原のツチホゼリ。さらに〆鯖に本マグロ、からすみといった種が幾重にも重なる。
noimage
パン ド ケイ
サンドイッチ類は午前中に完売することが多いという地元の人気店。ずっしり重い日替わりサンドは、10種類の穀物が入った穀物食パンで具材をサンド。各層の味と食感の違いを楽しめる。
noimage
シールズベーカリー
店内には約100種類の総菜パンとサンドイッチなどが並び、「選ぶ楽しさ」を満喫できる店。玉子と野菜のミックスセットは、小麦胚芽パンも黒ゴマを練り込んだパンもふわふわだ。
noimage
DIG IN SANDWICH(ディグ イン サンドウィッチ)
看板メニューは、カリカリのパンに豚肉と野菜をギュッと挟んだグリルドサンドイッチ。一番人気のプルドポークは、じっくりと煮込んでホロホロになった状態の豚肉を細かく引き裂き、バルサミコ酢で香り付けした野菜に合わせている。
noimage
THE RAD BY THE NYC BOX
イチオシは映画『シェフ』にも登場するキューバサンド。天然酵母パンに具材を挟んでカリッと焼き上げる。イエローマスタードと粒状のゴールデンマスタードを混ぜて使うのもこだわりのひとつだ。
noimage
Gitan(ジタン)
テラス席から烏帽子岩や江の島を望める絶好のロケーションのカフェ。一息のお供にはぜひワッフルを。外側がカリッ、中はふんわりの生地はオープン当初からの秘伝のレシピで焼き上げている。
noimage
濱時間(はまじかん)
仕出し弁当店の調理場であった古民家を改修してできた長期滞在向けの貸別荘。併設されたカフェは、季節を通して中庭からの風が心地よい。色とりどりの寒天で四季を感じられるようにアレンジしたあんみつがおすすめだ。
noimage
ants coffee(アンツ コーヒー)
店主・山口咲久矢さんが、2014年に駄菓子と文房具の店をオープンさせ、2020年からは奥の間でカフェもスタート。ゆっくり読書の気分、と思ったらこちらでコーヒーが飲める。
noimage
LAMA COFFEE DAYS(ラマ コーヒー デイズ)
カフェとデリカテッセンが同居している店。それゆえ、コーヒーを飲みながらフランス総菜をつまむというわがままもウエルカムだ。店内には、茅ケ崎界隈に住むアーティストたちの独創的な作品が所狭しと並ぶ。
noimage
いろどり食堂
家庭でも食べられるものに、少々ひねりを利かせた料理を提供。例えば鶏のからあげは、甘旨ピリ辛の特製ソースとケイジャンスパイス、レモンを添えている。定食はサイドメニューで野菜がしっかり取れる。
PAGE TOP トップへ PAGE TOP 目次へ